スペイン・ヴァレンシアのワインディングロードをゆくC320CDIアバンギャルド(標準の可変ダンパー装着車)。レスポンスの正確なステアリングのおかげで、こういうシチュエーションでも気持ちよく楽しめるようになった。

メルセデス・ベンツCクラス【海外試乗記(後編)】

予想通りの「予想以上」(後編) 2007.06.13 試乗記 メルセデス・ベンツCクラス
間もなく日本導入となる新型「Cクラス・セダン」。いたる所に手が加えられたニューモデルの乗り心地はどのように進化したのか。

目覚ましく進化したNVH

日本市場で量販が見込めることもあり「メルセデス・ベンツC200コンプレッサー」や「C180コンプレッサー」に強い興味があったが、用意されていた試乗車は残念ながら「C280」と「C350」(上等なグレードを目の前にして残念、とは失礼だが)だった。しかし興味の焦点はシャシー・セッティングの方向性と、全体的なクォリティの進化にある。

標準の可変ダンパー付き「C350アバンギャルド」をサンプルに、そのあたりを探ってみよう。ちなみにアバンギャルドとエレガンスの違いは純粋にフロント・デザインのみで、シャシーはタイヤサイズも含めてまったく同一である。

事前に公開された写真を見たとき、本音を言うとインテリアは直線的な要素が強調されすぎており、もう少し柔らかい雰囲気の方がよかったのではないか、なんて思ったりした。
よくよく観察すれば「Aクラス」あたりから導入されたと思しきディテールも散見される。しかし実物に座ってみると、予想以上に立体感のある造形であり、また「何のボタンがどこにあるか」といった配置や、もともと評価の高かったシートの仕上がりを含めて、紛れもないCクラスのインテリアと感じられ、気分は一気に肯定的になった。

乗り心地が大きく向上していることは市街地を走り始めてすぐに分かった。セッティングがソフトになったとか、サスペンション・ストロークがスムーズになったなどではない。そういった要素は旧型でも充分に確保されており、目に見えて進化した部分と言えばフロアの振動がほとんどなくなったことなど、不快なバイブレーションが劇的に削減されたこと。

旧型ではタイヤが鋭い突起を乗り越えたときに、バルクヘッドあたりからフットレストを通って左足にコツンと衝撃が伝わることも気になったが、それも随分と軽い。ボディ剛性は曲げ、捩れともに15〜16%程度の向上とのことだが、ステアリング系の剛性も上がっているため、体感上の剛性感は別物のように進歩している。

このように振動やハーシュネスが軽減され、剛性感が向上した結果、新型Cクラスはクリアで澄み切った乗り心地が印象的だ。そしてもちろん、よりフラットな姿勢にもなっている。全体的なテイストの変化としては、かなり重厚だった旧型に比べるとやや軽快な部類に感じられることが挙げられる。

ブラック内装。これもアバンギャルド仕様で、エレガンス系はウッドパネルの色が明るいものになる。
ブラック内装。これもアバンギャルド仕様で、エレガンス系はウッドパネルの色が明るいものになる。
後席のシート形状は旧型のそれを引き継いでいる。掛け心地も引き続き上々である。ヘッドレストは少し厚みが増して立派になったように見えるが、追突の際に瞬時に前へ移動し乗員の頭を支える安全機構“NECK-PRO”はフロントシートのみの装備(リアはオプションでもなし)。ちなみにリアのエアバッグはウィンドー・エアバッグが標準、サイドエアバッグはオプションである(すべて欧州仕様)。
後席のシート形状は旧型のそれを引き継いでいる。掛け心地も引き続き上々である。ヘッドレストは少し厚みが増して立派になったように見えるが、追突の際に瞬時に前へ移動し乗員の頭を支える安全機構“NECK-PRO”はフロントシートのみの装備(リアはオプションでもなし)。ちなみにリアのエアバッグはウィンドー・エアバッグが標準、サイドエアバッグはオプションである(すべて欧州仕様)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る