「サーブ9-3」にお買い得な60周年記念限定車

2007.06.12 自動車ニュース

「サーブ9-3」にお買い得な60周年記念限定車

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、「サーブ」誕生60周年を記念して、「サーブ9-3 60周年記念限定車」を2007年9月1日に発売する。

航空機メーカーであったサーブが、自動車の生産を開始し、量産第一号車である「サーブ92」を送り出したのが1947年のこと。今年は60周年にあたることから、記念限定車が発売される。

「サーブ9-3 60周年記念限定車」は2リッターの直列4気筒インタークーラー付きターボエンジン(209ps、30.6kg)を搭載する「アーク」をベースとする。

ボディカラーはジェットブラックもしくは記念車特別色のアイスブルーメタリックから選択が可能。記念車専用デザインの17インチアルミホイール、電動ガラススライディングルーフ、HDDナビゲーションシステム、ダークウォールナットパネルなど、計100万円相当のオプションが標準装備となる。

価格は20万円アップにおさえられ、スポーツセダンとスポーツエステートが、それぞれ430万円、448万円。あわせて40台限定で販売される。

(webCG 玉城)

 
「サーブ9-3」にお買い得な60周年記念限定車の画像
「ダークウォールナットパネル」
「ダークウォールナットパネル」
「電動ガラス スライディングルーフ」
「電動ガラス スライディングルーフ」

関連キーワード:
9-3スポーツセダン9-3スポーツエステートサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • サーブ9-5エステート リニア2.0t スペシャルパッケージ(5AT)【試乗記】 2003.3.14 試乗記 サーブ9-5エステート リニア2.0t スペシャルパッケージ(5AT)
    ……419.0万円

    “知的でスポーティ”をキーワードに、GMグループにおけるプレミアムブランドの地位確立を図るサーブ。セダンとなった新型「9-3」の発表に続き、2003年モデルの「9-5エステート」に、エントリーグレードとなる2リッターモデルが導入された。千葉県で開催されたプレス向け試乗会で、webCG記者がチョイ乗り。


  • サーブ9-3X(4WD/6AT)【試乗記】 2011.1.14 試乗記 サーブ9-3X(4WD/6AT)
    ……545万1000円

    2010年9月、日本での販売を新体制でスタートさせたサーブブランド。その第1弾として導入された新しいクロスオーバーモデル「9-3X」に試乗した。
  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
ホームへ戻る