「サーブ9-3」にお買い得な60周年記念限定車

2007.06.12 自動車ニュース

「サーブ9-3」にお買い得な60周年記念限定車

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、「サーブ」誕生60周年を記念して、「サーブ9-3 60周年記念限定車」を2007年9月1日に発売する。

航空機メーカーであったサーブが、自動車の生産を開始し、量産第一号車である「サーブ92」を送り出したのが1947年のこと。今年は60周年にあたることから、記念限定車が発売される。

「サーブ9-3 60周年記念限定車」は2リッターの直列4気筒インタークーラー付きターボエンジン(209ps、30.6kg)を搭載する「アーク」をベースとする。

ボディカラーはジェットブラックもしくは記念車特別色のアイスブルーメタリックから選択が可能。記念車専用デザインの17インチアルミホイール、電動ガラススライディングルーフ、HDDナビゲーションシステム、ダークウォールナットパネルなど、計100万円相当のオプションが標準装備となる。

価格は20万円アップにおさえられ、スポーツセダンとスポーツエステートが、それぞれ430万円、448万円。あわせて40台限定で販売される。

(webCG 玉城)

 
「サーブ9-3」にお買い得な60周年記念限定車の画像
「ダークウォールナットパネル」
「ダークウォールナットパネル」
「電動ガラス スライディングルーフ」
「電動ガラス スライディングルーフ」

関連キーワード:
9-3スポーツセダン9-3スポーツエステートサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【フランクフルトショー2017】究極の走破性を持つ「ランドローバー・ディスカバリーSVX」登場 2017.9.15 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年9月12日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショーにおいて、「ランドローバー・ディスカバリーSVX」を世界初公開した。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る