【スペック】350エレガンス:全長×全幅×全高=4581×1770×1448mm/ホイールベース=2760mm/車重=1610kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400〜5000rpm)(欧州仕様)

メルセデス・ベンツCクラス【海外試乗記(中編)】

予想通りの「予想以上」(中編) 2007.06.12 試乗記 メルセデス・ベンツCクラス


間もなく日本デビューとなる新型「Cクラス・セダン」にスペインで試乗。室内スペース、エンジンパワーを旧型と比較してみると。

ボディサイズは拡大

さてここからはいつものニューモデル解説である。
新型のスリーサイズは、全長4581×全幅1770×全高1444mm、ホイールベースは2760mmである。旧型は全長4535×全幅1730×全高1425mm、ホイールベース2715mmだったから、全体的に1〜2%拡大コピーしたようなものだ。
キャビンスペースの方はどうか? 『CG』は2007年4月号のジャイアントテストにて旧型C230を借り出しており、その際に計測した室内スペースと比較してみよう。

まずは旧型で狭いと言われた室内幅である。前席134→138cm、後席138→140cmであり、特にフロントの拡大が目立つ。新型の室内幅はこのクラスでは、前後ともほぼ最大サイズとなった。

運転席に着座して左右アームレストに肘を置くと、ぴたりと収まる快適さはそのままに僅かに肘を開いて座れる感覚で、広くなった事実は実感できる。
ホイールベースが45mm長くなっていることを見ると、後席のニースペースの拡大も期待されるだろう。旧型のそれは8cmで新型の取材メモには「9cm+」とあるから、厳密なスライド位置合わせを行なっていないにしても、改善されているのは間違いないようだ。

ちなみにこの新型はエンジンの搭載位置が旧型に比べて後ろ寄りになっており、それが拡大したホイールベースを幾分か食っているかもしれないが、その代わり前後重量配分は53:47から、より均等に近い52:48となった。


メルセデス・ベンツCクラス【海外試乗記(中編)】の画像
フロントシートも旧型同様に掛け心地が良い。アドバンスト・アジリティ・パッケージのスポーツシートはサイドサポートが強化されるが、柔らかに包まれる感覚で、掛け心地は甲乙付けがたい。この前席には“NECK-PRO”が標準装備され、エアバッグはフロント(2ステージ)/サイド/ウィンドー/ニーエアバッグ(運転席)までが標準装備である。シートベルト・テンショナーはフロント、リアともに標準装備であるが、後席中央シートには備わらないので注意。
フロントシートも旧型同様に掛け心地が良い。アドバンスト・アジリティ・パッケージのスポーツシートはサイドサポートが強化されるが、柔らかに包まれる感覚で、掛け心地は甲乙付けがたい。この前席には“NECK-PRO”が標準装備され、エアバッグはフロント(2ステージ)/サイド/ウィンドー/ニーエアバッグ(運転席)までが標準装備である。シートベルト・テンショナーはフロント、リアともに標準装備であるが、後席中央シートには備わらないので注意。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)(FR/7AT)【試乗記】 2015.6.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る