次期型「ホンダNSX」は、5.5リッターV10、550psでキマり!?

2007.06.10 自動車ニュース
NSXタイプR(2002年)に搭載された、ホンダの3.2リッターV6エンジン。アウトプットは、280ps/7300rpmと31.0kgm/5300rpmだった。
(写真=本田技研工業)
次期型「ホンダNSX」は、5.5リッターV10、オーバー550psでキマり!?

次期型「ホンダNSX」は、5.5リッターV10、550psでキマり!?

ドイツのテストコースに、次期型「NSX」と思われるテスト車が現れた。前回に続いて、米国で話題のスパイビデオから、そのパワーユニットを予想する。

「アキュラ・アドバンスド・スポーツカーコンセプト」
(写真=本田技研工業)
「アキュラ・アドバンスド・スポーツカーコンセプト」
(写真=本田技研工業)
2007年1月のデトロイトショーに出品された「レクサスIS-F」。独特なマフラーエンドに注目。
(写真=トヨタ自動車)
2007年1月のデトロイトショーに出品された「レクサスIS-F」。独特なマフラーエンドに注目。
(写真=トヨタ自動車)

■日本からの条件は「V10でFR」

ドイツのサーキット、「ニュルブルクリンク」のノルトシュライフェ(北フルコース)を疾走する、次期型「アキュラNSX」と思しきスポーツカー

これまでの情報によれば、動力系で確実なのは、まず「V型10気筒」であること。これは、2007年1月の米国国際自動車ショー(通称デトロイトショー)で「アキュラ・アドバンスド・スポーツコンセプト」が発表された際、福井威夫本田技研工業社長が明言したことだ。
「他モデルへの転用を考えれば、V8は妥当では?」という世界自動車業界からの疑問にピシャリと終止符を打ってくれた。
さらに、次期アキュラNSXはFR車である。これはアメリカホンダの米国人デザイナーが言い切っている。「このコンセプトモデルを作るにあたって、日本サイドからの条件は『V10を積むFR』、それだけだった」と。

では、ニュルでのスパイビデオをもう一度見てみよう。コース後半の「ミニカルーセル」コーナーの場面、3速全開と思われる加速音が聞こえる。それは決して、「F1ライクな甲高いサウンド」ではない。もちろん、アストンマーチンDBのV12ほどの甲高さもない。どちらかというと、メルセデス系スポーツモデルのような上級感を感じる音だ。
そのサウンドを放出するマフラーエンドは、コンセプトモデルに準じ、上下斜めに2本出しのデュアル。これは「レクサスIS-F」にも見られる手法。
マフラー内にエンジンの低中回転域と高回転域に応じた可変フラップがあるのではないか? 市街地走行での音量低減と燃費向上を狙っていると思われる。

「ポルシェ・カレラGT」。612psの5.7リッターV10エンジンをミドに積む。
(写真=ポルシェ)
「ポルシェ・カレラGT」。612psの5.7リッターV10エンジンをミドに積む。
(写真=ポルシェ)
次期型NSXと同じFRの「ダッジ・ヴァイパー」は600ps。8.4リッターOHVという特異なエンジン(写真)である。
(写真=ダイムラー・クライスラー)
次期型NSXと同じFRの「ダッジ・ヴァイパー」は600ps。8.4リッターOHVという特異なエンジン(写真)である。
(写真=ダイムラー・クライスラー)

■5.5リッター/550psは必然

今回のスパイビデオを掲載している米国大手の自動車ウエブサイト『edmunds.com』の記事では、V10ユニットについて「5.5リッター、550ps」説を唱えている。これまでホンダは公の場で、「5リッター以上」としか明言していない。
では、その排気量の決めどころは? 当然、最高出力値である。

昨今、世界のハイパフォーマンスモデルたちは「100ps/リッター」が常識化している。
既存のV10搭載車では、「BMW M5」が5リッター507ps、「ランボルギーニ・ガヤルド」が5リッター520ps、「ポルシェ・カレラGT」が5.7リッター612ps、「ダッジ・ヴァイパー」が8.4リッター(OHV)で600ps。
そうした図式から考えて、次期アキュラNSXは5.5リッターで550psという線は妥当である。ただ、気になるのはガチンコライバルのレクサスLF-A(量産車名は未定)の存在。トヨタは2005年の東京モーターショーにおいて「排気量は5リッター以下」と正式発表しており、その最高出力値をどこに設定する気なのか注目される。
この手のスーパーカーでは「最高出力値=商品価値」という面が大きい。となると、ホンダが次期アキュラNSXのV10で(エンジン本体への負担を少しでも減らしてハイパワーにするために)5.5リッター級に仕上げてくるのは当然であろう。

■シフトダウンはマイルド

さらに注目は、トランスミッション形式だ。独ゲトラク社の6段SMG(または、新型M3用の7段「M DCT」)のような、デュアルクラッチ式となるのかどうか。
スパイビデオのなかでは、1回だけシフトダウンする場面がある。コーナー半径から推測して4速から3速にダウンしていると思われるが、ブリッピング音(あおり音)の変動が意外にマイルドだ。
これは、ツインクラッチ式を採用した結果なのか、それとも、いわゆるトルコン式ATなのか。

レクサスのコンセプトカー「LF-A」。
(写真=トヨタ自動車)
次期型「ホンダNSX」は、5.5リッターV10、550psでキマり!?

ギアボックスの搭載位置は、レクサスLF-Aのようにリアデフ近くの配置になるのか? あるいは、SH(スーパー・ハンドリング)-AWD初のFRバージョンとして、トランスアクスル進化系になるのかもしれない。
いったい、320km/h以上の最高速を狙うという次期アキュラNSXは、スポーティ性とラクシャリー性をいかに融合させるのだろうか?

興味は尽きない。2010年モデルとしてのデビューが噂されており、ホンダの開発陣はこれからが正念場だ。

(文=桃田健史(IPN))

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る