第22回:8月21日「クラスノヤルスク最後の日」

2007.06.10 エッセイ

第22回:8月21日「クラスノヤルスク最後の日」

『10年10万キロストーリー4』刊行記念!

ネット接続が安定しておこなえたクラスノヤルスクの滞在も今日が最終日。原稿を送って、最後の夕餉を食す。次の街では接続環境が確保できるか……。


第22回:8月21日「クラスノヤルスク最後の日」

マックは不利

ここ数日、インターネットサービスを利用している、クラスノヤルスク市役所裏の会社の本業がわかった。コンピュータ教室だった。授業の少ない昼間、講習用のコンピュータを貸し出しているのだ。夕方5時過ぎになると、生徒が続々と詰めかけてくる。初めて来た日に、英語で親切に教えてくれたウィレム・デフォー似の青年は、先生だった。

ここは大きなビジネスビルの4階で、いわゆるネットカフェではないが、結局クラスノヤルスクではここの環境が僕には一番相性が良かったようだ。マッキントッシュのiBookに、LANコード経由でイーサネットに入れないのは不便だったが、インターネットエクスプローラーは立ち上がり、Hotmailにはアクセスできるので、この原稿と写真を送ることができた。ただし、LAN 経由でメールソフトは立ち上がらず、送受信ができなかった。細かなことはわからないが、マッキントッシュのコンピュータはロシアでは分が悪いことだけは確かだ。

ちょっとうれしい夕餉

今日はクラスノヤルスク滞在最後の日なので、手元にある原稿や写真をここから残らず送稿。朝夕2回訪れたので、職員の女性に呆れられた。
しかし、8月30日にサンクトペテルブルクから乗るドイツ行きのフェリー「バルティックラインズ」の予約をメールで行ったところ、アルファベットが文字化けしてしまった。忙しいイーゴリさんにホテルに来てもらって、予約をビジネスセンターの電話とファクシミリでやり直す。確認電話を繰り返し、午後8時20分終了。

ビジネスセンターの職員女性に、「ここは8時で閉まるので、早くして下さい」と何度も急かされてしまった。すこし遠くまで歩き、大きなスーパーマーケット近くの中華料理店「中華膳食」で最後の夕餉。料理は大したことなかったが、ウエイトレスの女性の、かつてないフレンドリーな応対に驚いた。無愛想な給仕は食事をマズくする。日本では当たり前でも、ロシアに来て初めてだったので、ちょっとうれしかった。カルディナには、今日も乗らなかった。

(文=金子浩久/写真=田丸瑞穂/2003年8月初出)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

金子 浩久

金子 浩久

『10年10万キロストーリー4』
(金子浩久著)
1台のクルマに、10年もしくは10万キロ以上乗ってきたオーナーを、金子浩久が取材。クルマとヒトの生活を、丁寧に紙の上に載せていきます。『NAVI』人気連載の単行本化! →二玄社書店で買うアマゾンで買う