プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

2007.06.08 自動車ニュース
「ライダーS」
プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

オーテックジャパンは、「日産プレサージュ」の一部改良にともない、「ライダーシリーズ」と、福祉車両ライフケアビークル「アンシャンテ」を設定。2007年6月7日に発売した。

「ライダー」
「ライダー」
専用17インチアルミホイール
専用17インチアルミホイール

二本立ての「ライダー」シリーズ

「250XG」(FF/4WD)と「350ハイウェイスター」(FF)をベースに、「ライダー」と「ライダーS」の2モデルを用意。
両モデルとも、専用のエアロパーツやフジツボ製スポーツマフラー、17インチアルミホイールなどを装着し、シート地やドアトリム地、インストパネルも専用のものとなる。
ライダーSはこれに加えて、高性能な17インチタイヤと、専用のスポーティサスペンションを標準で備え、よりスポーティな味付けがされているという。

ボディカラーは、ホワイトパール、ブリリアントシルバー、サファイアブラック、ディープカシスの4色。内装色は、ライダーがベージュ系のエクリュ、ライダーSがブラックとなる。

価格は、ライダー、ライダーSともに、291万9000円から339万1500円。

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」

「アンシャンテ」は二種類の電動シート

アンシャンテは、250XL」と「250ハイウェイスターJ」(FF/4WD)をベースに、「助手席スライドアップシート」と「セカンドスライドアップシート」の二種類のシートが用意される。
前者は助手席が、後者は二列目シートの左側が、電動で回転・昇降するもので、クルマへの乗り降りを容易にしている。
また、両モデルに「電動シートスライド&リクライニング」「ワイヤレスリモコン」「胸部固定ベルト」などが標準装備される。

価格は、「助手席スライドアップシート」「セカンドスライドアップシート」ともに、301万8750円から331万2750円。

(webCG 依田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • プジョーが「3008」のディーゼルモデルを発表 2017.4.10 自動車ニュース プジョーの最新SUV「3008」にディーゼルモデルの「GT BlueHDi」が登場。最高出力180ps/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生する2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンを搭載しており、18.7km/リッターという燃費性能を実現している。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る