プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

2007.06.08 自動車ニュース
「ライダーS」
プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

オーテックジャパンは、「日産プレサージュ」の一部改良にともない、「ライダーシリーズ」と、福祉車両ライフケアビークル「アンシャンテ」を設定。2007年6月7日に発売した。

「ライダー」
「ライダー」
専用17インチアルミホイール
専用17インチアルミホイール

二本立ての「ライダー」シリーズ

「250XG」(FF/4WD)と「350ハイウェイスター」(FF)をベースに、「ライダー」と「ライダーS」の2モデルを用意。
両モデルとも、専用のエアロパーツやフジツボ製スポーツマフラー、17インチアルミホイールなどを装着し、シート地やドアトリム地、インストパネルも専用のものとなる。
ライダーSはこれに加えて、高性能な17インチタイヤと、専用のスポーティサスペンションを標準で備え、よりスポーティな味付けがされているという。

ボディカラーは、ホワイトパール、ブリリアントシルバー、サファイアブラック、ディープカシスの4色。内装色は、ライダーがベージュ系のエクリュ、ライダーSがブラックとなる。

価格は、ライダー、ライダーSともに、291万9000円から339万1500円。

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」

「アンシャンテ」は二種類の電動シート

アンシャンテは、250XL」と「250ハイウェイスターJ」(FF/4WD)をベースに、「助手席スライドアップシート」と「セカンドスライドアップシート」の二種類のシートが用意される。
前者は助手席が、後者は二列目シートの左側が、電動で回転・昇降するもので、クルマへの乗り降りを容易にしている。
また、両モデルに「電動シートスライド&リクライニング」「ワイヤレスリモコン」「胸部固定ベルト」などが標準装備される。

価格は、「助手席スライドアップシート」「セカンドスライドアップシート」ともに、301万8750円から331万2750円。

(webCG 依田)

関連キーワード:
プレサージュ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る