プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

2007.06.08 自動車ニュース
「ライダーS」
プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

オーテックジャパンは、「日産プレサージュ」の一部改良にともない、「ライダーシリーズ」と、福祉車両ライフケアビークル「アンシャンテ」を設定。2007年6月7日に発売した。

「ライダー」
「ライダー」
専用17インチアルミホイール
専用17インチアルミホイール

二本立ての「ライダー」シリーズ

「250XG」(FF/4WD)と「350ハイウェイスター」(FF)をベースに、「ライダー」と「ライダーS」の2モデルを用意。
両モデルとも、専用のエアロパーツやフジツボ製スポーツマフラー、17インチアルミホイールなどを装着し、シート地やドアトリム地、インストパネルも専用のものとなる。
ライダーSはこれに加えて、高性能な17インチタイヤと、専用のスポーティサスペンションを標準で備え、よりスポーティな味付けがされているという。

ボディカラーは、ホワイトパール、ブリリアントシルバー、サファイアブラック、ディープカシスの4色。内装色は、ライダーがベージュ系のエクリュ、ライダーSがブラックとなる。

価格は、ライダー、ライダーSともに、291万9000円から339万1500円。

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」

「アンシャンテ」は二種類の電動シート

アンシャンテは、250XL」と「250ハイウェイスターJ」(FF/4WD)をベースに、「助手席スライドアップシート」と「セカンドスライドアップシート」の二種類のシートが用意される。
前者は助手席が、後者は二列目シートの左側が、電動で回転・昇降するもので、クルマへの乗り降りを容易にしている。
また、両モデルに「電動シートスライド&リクライニング」「ワイヤレスリモコン」「胸部固定ベルト」などが標準装備される。

価格は、「助手席スライドアップシート」「セカンドスライドアップシート」ともに、301万8750円から331万2750円。

(webCG 依田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 「日産エルグランド」に白い本革シートの特別仕様車 2016.12.19 自動車ニュース 日産自動車は2016年12月19日、「エルグランド」に特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」を設定し、販売を開始した。今回の特別仕様車は、内装のドレスアップと、機能面の強化が図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る