プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

2007.06.08 自動車ニュース
「ライダーS」
プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

オーテックジャパンは、「日産プレサージュ」の一部改良にともない、「ライダーシリーズ」と、福祉車両ライフケアビークル「アンシャンテ」を設定。2007年6月7日に発売した。

「ライダー」
「ライダー」
専用17インチアルミホイール
専用17インチアルミホイール

二本立ての「ライダー」シリーズ

「250XG」(FF/4WD)と「350ハイウェイスター」(FF)をベースに、「ライダー」と「ライダーS」の2モデルを用意。
両モデルとも、専用のエアロパーツやフジツボ製スポーツマフラー、17インチアルミホイールなどを装着し、シート地やドアトリム地、インストパネルも専用のものとなる。
ライダーSはこれに加えて、高性能な17インチタイヤと、専用のスポーティサスペンションを標準で備え、よりスポーティな味付けがされているという。

ボディカラーは、ホワイトパール、ブリリアントシルバー、サファイアブラック、ディープカシスの4色。内装色は、ライダーがベージュ系のエクリュ、ライダーSがブラックとなる。

価格は、ライダー、ライダーSともに、291万9000円から339万1500円。

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」

「アンシャンテ」は二種類の電動シート

アンシャンテは、250XL」と「250ハイウェイスターJ」(FF/4WD)をベースに、「助手席スライドアップシート」と「セカンドスライドアップシート」の二種類のシートが用意される。
前者は助手席が、後者は二列目シートの左側が、電動で回転・昇降するもので、クルマへの乗り降りを容易にしている。
また、両モデルに「電動シートスライド&リクライニング」「ワイヤレスリモコン」「胸部固定ベルト」などが標準装備される。

価格は、「助手席スライドアップシート」「セカンドスライドアップシート」ともに、301万8750円から331万2750円。

(webCG 依田)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • 第431回:「NV350キャラバン」の荷室には夢が一杯!
    メディア対抗カート大会にwebCGチームが参戦
    2017.8.11 エディターから一言 「日産NV350キャラバン」のマイナーチェンジを記念して(?)開催されたメディア対抗カート大会に、webCGチームが参戦。レインコンディションで行われた、熱いバトルの様子をリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る