日産「プレサージュ」が外観、グレードなど一部改良

2007.06.08 自動車ニュース
「250XL」(ボディ色ルナブルー)
日産「プレサージュ」が外観、グレードなど一部改良

日産「プレサージュ」が外観、グレードなど一部改良

日産自動車は、「プレサージュ」を一部改良して、2007年6月7日に発売した。

「250ハイウェイスターJ」
日産「プレサージュ」が外観、グレードなど一部改良

今回の一部改良では、全てのグレードに新開発のBluetooth対応オーディオ機能搭載のHDDカーウイングスナビゲーションシステムをオプションで設定。iPodにトランスミッターをジョイントすれば、ワイヤレスで音楽を楽しむことができる。
また、「250XG」「250XL」のフロントグリルとバンパーのデザインを変更するなどした。

さらに、2006年12月に特別仕様車として設定された「250ハイウェイスターJ」をカタログモデルとして設定した。

価格は、2.5リッターモデル(FF/4WD)が245万7000円から286万6500円、ハイウェイスター(FF/4WD)は、257万2500円から286万6500円。3.5リッターハイウェイスター(FF)は、304万5000円となる。

(webCG 依田)

関連キーワード:
プレサージュ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る