【スペック】全長×全幅×全高=4730×1795×1870mm/ホイールベース=2850mm/車重=1800kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、23.0kgm/4100rpm)/価格=341万2500円(テスト車=375万8790円)

三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】

備えあれば憂いなし? 2007.06.08 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
……375万8790円

悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。

ミニバンの皮を被ったSUV

ミニバンでありながら、SUVに迫る悪路走破性を持つというのがデリカの特徴だ。この伝統は、2代目の「デリカスターワゴン」に4WDモデルが追加設定されたことから始まった。ちなみに、そのとき採用された4WDはパジェロと同じシステムだった。

もちろん、そんなSUV的な性格は、現行のデリカD:5にも受け継がれている。現行デリカの4WDは、パジェロのセンターデフ式ではなく、アウトランダーと同じ電子制御カプリング式を採用……、正確にはプラットフォームが、パジェロからアウトランダーと共通化された。こうなると「ミニバンの皮を被ったSUV」、現代風に表現すれば「ミニバンとSUVのクロスオーバー」というのが、デリカD:5なのである。

電子制御カプリングの4WDは、通常はFFに近い特性を持ち、必要とあらば電子制御カプリングを介して後輪にトルクを伝えるというものだ。そのため“オンディマンド4WD”と分類されることもある。リアにどのくらいトルクを配分するかは、4WDシステムのコンピューターが4輪の車輪速やドライバーの運転操作などから総合的に判断する。同じオンディマンド式でも、ビスカスカプリングなどを用いたタイプをパッシブ型と呼ぶのに対し、デリカの電子制御カプリング式はアクティブ型と呼ばれることもある。

電子制御カプリングは、電磁コイルに流す電流をコントロールすることで、リアに伝えるトルクを調節するもの。電流をゼロにするとリアのトルクはゼロ、すなわち、FFの状態になるし、反対に電流を強めれば、直結(ロック)に近い状態をつくることもできる。ドライバーがスイッチ操作でFFやロックの状態を選ぶことも可能だ。

ジャーナリストの生方聡
ジャーナリストの生方聡
 
三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】の画像
【テスト車デリカD:5のオプション装備】
DVD内蔵9インチワイド液晶ディスプレイ=13万6500円/SRSカーテンエアバッグ=8万4000円/コーナーセンサー=4万2000円/ビルトインETCユニット=1万8900円/フロアマット=6万4890円
【テスト車デリカD:5のオプション装備】
	DVD内蔵9インチワイド液晶ディスプレイ=13万6500円/SRSカーテンエアバッグ=8万4000円/コーナーセンサー=4万2000円/ビルトインETCユニット=1万8900円/フロアマット=6万4890円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • 三菱、「デリカD:5」の特別仕様車を2車同時発売 2016.10.27 自動車ニュース 三菱自動車は2016年10月26日、ミニバン「デリカD:5」の特別仕様車「ローデスト ロイヤルツーリング」と「シャモニー」を発表した。同年11月10日から販売を開始する。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る