スズキのSUV「エスクード」と「SX4」にアウトドア仕様の特別限定車

2007.06.07 自動車ニュース
エスクード「2.0ヘリーハンセン リミテッド」
スズキのSUV「エスクード」と「SX4」にアウトドア仕様の特別限定車

スズキのSUV「エスクード」と「SX4」にアウトドア仕様の特別限定車

スズキは、本格派SUV「エスクード」と、スポーツクロスオーバーモデル「SX4」の1.5リッターモデルに、特別限定車「ヘリーハンセン リミテッド」を設定し、2007年6月5日に発売した。

SX4「1.5ヘリーハンセン リミテッド」
スズキのSUV「エスクード」と「SX4」にアウトドア仕様の特別限定車

「ヘリーハンセン リミテッド」は、ヨーロッパのマリン&アウトドアブランド「ヘリーハンセン」のイメージに合わせ、アウトドア好きなユーザーに向けた特別限定車だという。

スエード調のアルカンターラを使用した専用シート表皮やターンランプ付ドアミラーカバー、専用ラゲッジマットが標準装備される。

また、エスクードのそれには、専用フロントグリルにフロントアンダースポイラーを配し、電動サンルーフ、ガンメタリック塗装をした専用アルミホイールを装備。加えて黒の木目調シフトパネル、シフトノブ、パワーウィンドウスイッチベゼルを採用した。

ボディカラーは、特別設定色の紺(キャッツアイブルーメタリック)とパールホワイト、グレー、黒の全4色を設定。価格は、2リッターが227万8500円、2.7リッターが246万7500円。800台限定販売となる。

一方SX4は、シルバー塗装のフロントグリルやガンメタリック塗装のアルミホイールを装着するとともに、ディスチャージヘッドランプを採用するなどした。

ボディカラーは、パールホワイト、黒、グレー、ライトブルーの全4色を設定。価格は、159万6000円(FF)と180万6000円(4WD)。こちらは1000台限定だ。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SX4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る