大型グリルの「日産マーチ」、2タイプで登場

2007.06.07 自動車ニュース
「マーチ・ボレロ」
グリルつきの「日産マーチ」、2タイプで登場

大型グリルの「日産マーチ」、2タイプで登場

オーテックジャパンは、ヘッドランプなどの意匠を小変更した「日産マーチ」をベースに、カスタマイズバージョンの「ラフィート」「ボレロ」、さらに福祉車両の「アンシャンテ」を設定。2007年6月5日に発売した。

「マーチ・アンシャンテ」の助手席スライドアップシート車。
大型グリルの「日産マーチ」、2タイプで登場

「マーチ・ラフィート」は、オーテックジャパンによる「日産マーチ」のカスタマイズモデル。
専用デザインのグリル、バンパー、フォグランプなどでフロントまわりを化粧し、前後バンパーやボディサイドにメッキのモールを配した。
インテリアには、専用のシート地とドアトリムを付与。センターコンソールやシフトゲートなどを木目調のフィニッシャーで飾った。
価格は1.2リッター(FF)が149万4150円、1.4リッター(4WD)が168万3150円。

「マーチ・ボレロ」もラフィート同様、専用グリルやメッキモールでマーチをドレスアップしたモデル。こちらは、クラシカルな外観が持ち味で、インテリアも、千鳥格子のシート地とドアトリム、陶器調の専用フィニッシャーなどがポイントとなる。
価格は1.2リッター(FF)が153万900円で、1.4リッター(4WD)が171万9900円だ。

また、福祉車両「アンシャンテ」シリーズには、着座姿勢をサポートする助手席の「胸部固定ベルト」が標準装備された。
助手席スライドアップシートなど3タイプがラインナップされ、価格は141万9600円から193万4100円までとなっている。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • ホワイトがアクセント、「日産マーチ」に新グレードが登場 2017.7.5 自動車ニュース 日産自動車は2017年7月5日、コンパクトカー「マーチ」に新グレード「パーソナライゼーション」を追加設定し、販売を開始した。「X Vセレクション」と「G」をベースに、ホワイトのドアミラーやドアハンドル、フルホイールカバーなどを装備する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • ルノー、パリの夏の夕暮れをイメージした「トゥインゴ」を限定発売 2017.6.29 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月29日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ノクターン」を設定し、100台の台数限定で発売した。“パリの夏の夕暮れをロマンティックに過ごす特別な時間”をイメージしたとされるボディーカラーを特徴とする。
ホームへ戻る