大型グリルの「日産マーチ」、2タイプで登場

2007.06.07 自動車ニュース
「マーチ・ボレロ」
グリルつきの「日産マーチ」、2タイプで登場

大型グリルの「日産マーチ」、2タイプで登場

オーテックジャパンは、ヘッドランプなどの意匠を小変更した「日産マーチ」をベースに、カスタマイズバージョンの「ラフィート」「ボレロ」、さらに福祉車両の「アンシャンテ」を設定。2007年6月5日に発売した。

「マーチ・アンシャンテ」の助手席スライドアップシート車。
大型グリルの「日産マーチ」、2タイプで登場

「マーチ・ラフィート」は、オーテックジャパンによる「日産マーチ」のカスタマイズモデル。
専用デザインのグリル、バンパー、フォグランプなどでフロントまわりを化粧し、前後バンパーやボディサイドにメッキのモールを配した。
インテリアには、専用のシート地とドアトリムを付与。センターコンソールやシフトゲートなどを木目調のフィニッシャーで飾った。
価格は1.2リッター(FF)が149万4150円、1.4リッター(4WD)が168万3150円。

「マーチ・ボレロ」もラフィート同様、専用グリルやメッキモールでマーチをドレスアップしたモデル。こちらは、クラシカルな外観が持ち味で、インテリアも、千鳥格子のシート地とドアトリム、陶器調の専用フィニッシャーなどがポイントとなる。
価格は1.2リッター(FF)が153万900円で、1.4リッター(4WD)が171万9900円だ。

また、福祉車両「アンシャンテ」シリーズには、着座姿勢をサポートする助手席の「胸部固定ベルト」が標準装備された。
助手席スライドアップシートなど3タイプがラインナップされ、価格は141万9600円から193万4100円までとなっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • 日産マ−チ12G(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.9.1 試乗記 ……150万450円
    総合評価……★★★★

    日産を代表する小さな大物「マーチ」。700kmを超える走行テストを行ったミスター・テスターは、そんなマーチに、どんな評価を下すのか?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】NEW 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る