「日産マーチ」がフェイスリフト、HDDナビ付き特別仕様車も

2007.06.07 自動車ニュース
新設定のボディカラー「サクラ」。
「日産マーチ」がフェイスリフト、HDDナビ付き特別仕様車も

「日産マーチ」がフェイスリフト、HDDナビ付き特別仕様車も

日産自動車は2007年6月5日に、コンパクトカー「マーチ」をフェイスリフトし発売。同時にグレード体系の見直しと、特別仕様車の追加も行われた。

内装色カカオ
「日産マーチ」がフェイスリフト、HDDナビ付き特別仕様車も

エクステリアの変更点は、ヘッドランプとフロントグリル。フロントバンパーは従来上級グレードに採用されていたデザインが、全グレードに与えられることになった。
ボディカラーには新たに4色が加えられ、計12色からの選択が可能。

インテリアではシートとドアトリムの生地が改められ、内装色に新色カカオが追加された。4ATモデルではメーターやセンターコンソールが新意匠とされた。

一部グレードではインテリジェントキーやステアリングスイッチを標準装備とした。さらにiPodなどを接続できるAUX端子が追加(「12B」とSR系除く)されたのもニュース。

なお、今回グレードの見直しが行われ、1.5リッターのベーシック「15S」と上級「15RX」が廃された。
同時に、「12S」「14S FOUR」をベースとして、30GBハードディスク搭載のHDDナビゲーションシステムを付与した特別仕様車「Plus navi HDD」が追加設定された。

価格は標準モデルが110万3550円から178万2900円。「Plus navi HDD」は126万1050円(12S)と145万50円(14S FOUR)。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
ホームへ戻る