「シボレーMW」に黒いシートの新グレード追加

2007.06.06 自動車ニュース

「シボレーMW」に黒いシートの新グレード追加

シボレーブランドのクルマを販売するスズキは2007年6月5日、コンパクトワゴン「シボレーMW」に新グレードを追加した。

「シボレーMW」は1.3リッターのコンパクトワゴン「スズキ・ソリオ」のOEM車である。
今回新たに設定されたグレード「Vセレクション」には、シート地にシボレーマークの入った黒いダブルラッセル表皮が用いられ、14インチの専用アルミホイールが与えられた。
さらに、このグレード専用のボディカラー「ミステリアスバイオレットパール」も用意される。

価格は、FFモデルが107万1000円、4WDモデルが119万3850円。

(webCG 本諏訪)


「シボレーMW」に黒いシートの新グレード追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
ホームへ戻る