日産マーチのオープン版、「マイクラ C+C」発売

2007.06.05 自動車ニュース
「マイクラ C+C」
日産マーチのオープン版「マイクラ C+C」発売

日産マーチのオープン版、「マイクラ C+C」発売

日産自動車は、コンパクトカー「マーチ」のオープン版たる「マイクラ C+C(シープラスシー)」を、2007年7月23日に発売する。

「スタイリッシュガラスルーフ」。ボディカラーは、ブリーズブルー(写真)やエモーションレッドなど、5色が用意される。
日産マーチのオープン版、「マイクラ C+C」発売

既報の通り、2005年11月から欧州で販売されている「日産マイクラC+C」が日本でも発売される。

2002年パリサロンにコンセプトモデルとして登場。「プジョー206CC」のような電動格納式ハードトップを載せた、「日産マーチ」のクーペ・カブリオレ版だ。
ガラスルーフのハードトップは、ドイツのカルマン社によるもの。電動のオープン機構により、約22秒で開閉する。クローズ時457リッターのトランクルームは、オープン時でも255リッターの容量を確保したという。
車体そのものは、英国サンダーランドにある英国日産自動車製造会社(NMUK)工場で製造される。

エンジンは、1.6リッターの「HR16DE」ユニット1種類のみ。トランスミッションは4段ATと5段MTが選べ、どちらも249万9000円で販売される。

輸入計画1500台の、限定販売となる。

(webCG 関)

関連キーワード:
マーチ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
ホームへ戻る