5ナンバーセダン「トヨタ・プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジ

2007.06.04 自動車ニュース
「トヨタ・アリオン」
5ナンバーセダン「トヨタ・プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジ

5ナンバーセダン「トヨタ・プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は2007年6月4日、5ナンバーサイズのミディアムセダン「プレミオ」と「アリオン」をフルモデルチェンジした。

「トヨタ・プレミオ」
「トヨタ・プレミオ」
左から「プレミオ」のテレビCMに出演する、光石研さん、樋口可南子さん。トヨタ自動車の渡辺捷昭社長をはさみ、隣に立つのは、「アリオン」のテレビCMキャラクターである小林薫さんと勝地涼さん。
左から「プレミオ」のテレビCMに出演する、光石研さん、樋口可南子さん。トヨタ自動車の渡辺捷昭社長をはさみ、隣に立つのは、「アリオン」のテレビCMキャラクターである小林薫さんと勝地涼さん。

■完成形をめざした

2001年12月に、「コロナ」の後継車種としてデビューしたのが「プレミオ」とその姉妹車「アリオン」である。初代は5ナンバーサイズにこだわって開発がなされ、2代目となる今作もそのコンセプトは踏襲された。「5ナンバーセダンの完成形を目指した(プレスリリース)」と謳われる。

エクステリアでキャラクター分けされ、プレミオは“品格の高さ”、アリオンは“スポーティさ”を表現したという。
機関面は共通で、エンジンは1.5と1.8リッターの2種を用意。どちらもCVT(無段変速機)が組み合わせられる。FFモデルのほか、1.8リッターには4WDもラインナップされる。

価格はプレミオが175万3500円から243万6000円で、アリオンが174万3000円から233万1000円。月間の販売計画台数は、ぞれぞれ3000台とされる。
トヨタの調査によると、60代前半のいわゆる「団塊の世代」に、ベストマッチのサイズ、そして価格帯であるという。

5ナンバーセダン「トヨタ・プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジ

■エクステリアで大幅に差別化

プレミオのディメンションは、5ナンバー枠に収まる全長×全幅×全高=4600×1695×1475mmで、従来型とほぼ同じサイジング。ホイールベースの2700mmも変わらない。アリオンは前後のオーバーハングがそれぞれ削られ、全長は4565mmとなる。

従来型ではあまり大きな差のなかったエクステリアデザインは、今作では大きく差別化された。
4本の横バーをラジエータグリルに持つプレミオに対し、アリオンはダークな色調のメッシュグリルを採用、ライトも上端をそろえた横長配置のものが与えられる。
インテリアはどちらも木目調パネルでまとめられるが、プレミオには明るい内装色、アリオンではダーク基調のものをイメージカラーとする。

1.8リッター「2ZR-FE Dual VVT-i」エンジン。
5ナンバーセダン「トヨタ・プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジ

■まずは1.5と1.8リッター

エンジンはカローラシリーズと同型となる、1.5(110ps、14.3kgm)と1.8リッター(136ps、17.8kgm)をラインナップ。2リッターモデルは、2007年冬頃に追加する予定だという。
どちらのエンジンもCVTが組み合わせられ、優れた低燃費と高い動力性能が謳われる。HDDナビゲーション装着車では、コーナーや路面の勾配に応じてギア比を変化させることでドライバビリティを高める「NAVI AI-SHIFT制御」が備わる。

サスペンション形式は、前マクファーソンストラット、後トーションビーム(4WDはダブルウィッシュボーン)。タイヤ・サイズはグレードに応じて14から16インチまでが用意される。

「プレミオ」のテールランプ。こちらも「アリオン」と異なるデザインが採用された。
「プレミオ」のテールランプ。こちらも「アリオン」と異なるデザインが採用された。
荷室容量は通常でも491リッター(VDA法)。簡単なリアシートアレンジで、最大荷室長1700mmまで拡大することができる。
荷室容量は通常でも491リッター(VDA法)。簡単なリアシートアレンジで、最大荷室長1700mmまで拡大することができる。

■さらに手を加えられた居住性

評判の高かった車内の居住性には、さらに手が加えられた。従来型に比べ室内長は80mm、幅は55mm、高さは15mm拡大。さらに後席シートバックの肩口幅を160mm広げるなどされた。
リアシートのリクライニング、6:4分割可倒式ダブルフォールディングシートも、従来型から多くを引き継がれた。

チルト&テレスコピックのステアリングホイールや、スマートエントリーシステムも全グレードで採用。さらにオプションでは、最新カーテレマティクスサービス「G-BOOK mX」も選ぶことができる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る