【スペック】全長×全幅×全高=5075×1870×1420mm/ホイールベース=2955mm/車重=2000kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800-4800rpm)/価格=1520万円

メルセデス・ベンツ CL550【試乗記】

メルセデス・ベンツ CL550 2007.06.04 試乗記 ……1520万円
“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!

メルセデス・ベンツ CL550【短評】

圧倒的な質感に溺れる

このクルマのことを悪く言う人をいまだに知らない。そこで眉に唾しながらステアリングを握ったのだが、結果的には、ひねくれ者の私もすっかりその魅力に打ちのめされてしまった。

ハードウェアの成り立ちはSクラスと同じはずなのに、なぜかCL550からは人の手の柔らかさ、肌の温もりのようなものをより強く感じた。
路面の荒れた西湘バイパスを走っていても、鋭角なショックはすべて封じ込められてしまう。それでいながらフラットな姿勢をピクリとも崩さないのは、車の基本設計もさることながら、ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)のセッティングが優れている何よりの証拠だろう。

しかも、そんなえもいわれぬ快適性を、自動車を操る実感を何ひとつ損なわずに実現している点に、メルセデスの本領が現れている。冒頭のタイトルに偽りはない。

(文=大谷達也/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る