【スペック】全長×全幅×全高=3765×1690×1510mm/ホイールベース=2390mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(125ps/6800rpm、15.1kgm/4800rpm)/価格=162万7500円(テスト車=178万5000円/メーカーセットオプション=15万7500円)

スズキ・スイフトスポーツ(FF/5MT)【試乗記】

実用スポーツ 2007.06.02 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/5MT)
……178万5000円

その名の通り、「スイフト」のスポーティバージョン「スズキ・スイフトスポーツ」。マイナーチェンジをうけた新型の印象はいかに。
 
スズキ・スイフトスポーツ(FF/5MT)【短評】

7割がMT!

「オートマにあらずばクルマにあらず。……すくなくとも実用車にはあらず」な、わが日本市場において、なんと約7割をマニュアルトランスミッション車が占めるという驚異の(!?)ハッチバックがある。
「スズキ・スイフトスポーツ」である。
月間4000台前後を販売するスイフトシリーズの2割程度、月700から800台を売るというから、“隠れた人気モデル”といっても過言ではあるまい。

スイフトスポーツは、その名の通り2004年に登場したスイフトのスポーティバージョン。欧州では3ドアもあるが、日本では5ドアのみ。
1.2、1.3、1.5リッターとラインナップを揃える“ノーマル”スイフトと比較して、シリーズ最強! ……といっても、1.6リッターだが、吸気側に可変バルブタイミング機構「VVT」を備えたツインカム16バルブを積む。125ps/6800rpmの最高出力、15.1kgm/4800rpmの最大トルクを発生するオールアルミユニットだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)/ワゴンR 20周年記念車(FF/CVT)【試乗記】 2013.8.13 試乗記 「エネチャージ」「新アイドリングストップ」「デュアルジェットエンジン」の採用で26.4km/リッターの低燃費を実現した「スイフト」と、衝突被害軽減ブレーキを搭載した「ワゴンR」に試乗した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る