【スペック】全長×全幅×全高=4050×1685×1495mm/ホイールベース=2510mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4SOHC8バルブ(77ps/6000rpm、11.7kgm/3000rpm)/価格=224万円(2006年モデル)

フィアット・グランデプント 1.4 デュアロジック テラ【試乗記】

フィアット・グランデプント 1.4 デュアロジック テラ 2007.06.01 試乗記 ……224万円
“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!

フィアット・グランデプント 1.4 デュアロジック テラ【短評】

ヨーロッパでは大人気

ひところ騒がれた「フィアットの経営危機」も今は昔の物語である。ニュー「パンダ」の爆発的人気でひと息ついたイタリアの巨人は、2005年に「グランデプント」を放つとさらにセールスを伸ばし、2006年は6年ぶりに営業利益が黒字に転じたのだ。2005年はGMとの提携解消で潤った格好だったが、2006年の黒字は純粋に販売増が生み出した結果であり、彼らの製品が広く人気を博している証拠である。フィアットの業績回復は本物だ。

というわけで、ヨーロッパで好セールスを記録しているグランデプントだが、日本では2006年6月にまず6MTの1.4 16V スポーツを発売、秋にはセミAT版をリリースした。今回試乗したのは、セミATを積む1.4 デュアロジックの最上級モデルである。

これは以前テストしたランチア・イプシロンでも感じたことだが、最近のフィアット系セミATは進化が著しい。発進やギアチェンジでの身のこなしが明らかにスムーズになっており、微妙なコントロールも実に容易。
エンジンは回せば回すほど元気になる16V スポーツとは違って、トップエンドで穏やかなデクレッシェンドに転じる。4000rpm+が心理的な上限か。ただし、中低速域は16V スポーツと互角かやや上回るほど活発で、市街地走行でも痛痒は覚えなかった。

乗り心地は重厚というよりはさらっとした手触りで、記憶のなかにある16V スポーツと遜色がないほど、硬質かつソリッドな印象を与える。おかげでワインディングロードは得意中の得意、相対的にパワー不足となる上り坂が退屈で仕方ないくらい、そのポテンシャルは高い。ボディ剛性の高さも見事。
大人4人が無理なく乗れる室内スペースといい、日本でもっと人気が出ても不思議でないBセグメントカーといえる。

(文=大谷達也/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランデプントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る