【スペック】全長×全幅×全高=5060×1895×1440mm/ホイールベース=3065mm/車重=2050kg/駆動方式=FR/4.2リッター V8DOHC32バルブ(401ps/7100rpm、45.0kgm/4250rpm)/価格=1414万円(テスト車=1712万7000円)

マセラティ・クアトロポルテ・オートマチック(FR/6AT)【ブリーフテスト】

マセラティ・クアトロポルテ・オートマチック(FR/6AT)【ブリーフテスト】 2007.05.31 試乗記 ……1712万7000円
総合評価……★★★★★

デザイン、パフォーマンスともに、スーパースポーツ級の4ドアサルーン「マセラティ・クアトロポルテ」。新たに加わったオートマ仕様に試乗した。

運転して面白く快適

5mを超す全長や2トンを超える重量などから想像する鈍重さはなく、運転感覚としての「マセラティ・クアトロポルテ・オートマチック」は真正スポーツセダンである。

このセミ・オートマチックではないZFとの共同開発になるトルコン式6ATを備えるモデルは、「オートマチック」「スポーツGTオートマチック」「エグゼクティブGTオートマチック」の3種があり、価格はそれぞれ1414万円/1582万円/1540万円であるが、同価格帯にある単なる高級車とは一味も二味も違う個性に満ちあふれている。

もちろんリアシート専用で使うにしても一般的な意味での高級感覚は十分に満たした上で、更に運転して面白く快適である。

フロント・ミドの特性は前後の重量配分をみても一目瞭然、前49:後51とスポーツカーのレベルにありノーズの軽い感覚は2トンを超す重量車とは思えない。長いノーズの半分はクラッシャブルゾーンともいえ、押し出しの立派さもけっしてひけをとらない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
ホームへ戻る