新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売

2007.05.30 自動車ニュース

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売

ルノーは、コンパクトハッチバック「トゥインゴ」を2007年6月15日にフランス本国で発売する。

1993年4月にデビューし、累計240万台を売り上げた「ルノー・トゥインゴ」に2代目が誕生した。先代同様、同社のラインナップ中最小となるコンパクトカーだ。
全長×全幅×全高=3600×1654×1470mmで、ホイールベースは2367mm。先代(3425×1630×1435mm、WB=2345mm)に比べ、前後に長くなった。
ボディ形状は、3ドアハッチバックのみで、定員は4名だ。

エンジンは直4のみ。ガソリンは3種類あり、順に、1.2リッター8バルブ(60ps/5250rpm、9.5kgm/2500rpm)、1.2リッター16バルブ(75ps/5500rpm、11.0kgm/4250rpm)、さらに1.2リッターターボ(100ps/5500rpm、14.8kgm/3000rpm)がラインナップする。ディーゼルは、1.5リッター(65ps/3750rpm、16.3kgm/1900rpm)1種類が用意される。
すべて「ユーロ4」の環境規制に適合。トランスミッションは、5段MTが組み合わされる。

ベーシックな「1.2」、車内のユーティリティ性能を高めた「エクスプレッション」、スポーティな外観でターボエンジンを搭載する「GT」など、6つのグレードに4種のエンジン。全15モデルがカタログに並ぶ。

安全面は、モデル別に2〜6個のエアバッグを装備。ルノーでは初めて、助手席に3Dタイプのエアバッグが採用された。

ユーティリティは、MP3やiPodに対応したオーディオ、さらにBluetoothによるハンズフリーフォンシステムが選択可能。オプションの小物類やデカールなどを自由に組み合わせることで“マイ・トゥインゴ”を仕立てることができるという。

価格は、7990〜1万6200ユーロ(邦貨にして130〜264万円)。本国では、2007年5月29日から受注を開始している。
ルノー・ジャポンによれば、日本への導入は来年以降になるとのことだ。

(webCG 関)


新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る