新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売

2007.05.30 自動車ニュース

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売

ルノーは、コンパクトハッチバック「トゥインゴ」を2007年6月15日にフランス本国で発売する。

1993年4月にデビューし、累計240万台を売り上げた「ルノー・トゥインゴ」に2代目が誕生した。先代同様、同社のラインナップ中最小となるコンパクトカーだ。
全長×全幅×全高=3600×1654×1470mmで、ホイールベースは2367mm。先代(3425×1630×1435mm、WB=2345mm)に比べ、前後に長くなった。
ボディ形状は、3ドアハッチバックのみで、定員は4名だ。

エンジンは直4のみ。ガソリンは3種類あり、順に、1.2リッター8バルブ(60ps/5250rpm、9.5kgm/2500rpm)、1.2リッター16バルブ(75ps/5500rpm、11.0kgm/4250rpm)、さらに1.2リッターターボ(100ps/5500rpm、14.8kgm/3000rpm)がラインナップする。ディーゼルは、1.5リッター(65ps/3750rpm、16.3kgm/1900rpm)1種類が用意される。
すべて「ユーロ4」の環境規制に適合。トランスミッションは、5段MTが組み合わされる。

ベーシックな「1.2」、車内のユーティリティ性能を高めた「エクスプレッション」、スポーティな外観でターボエンジンを搭載する「GT」など、6つのグレードに4種のエンジン。全15モデルがカタログに並ぶ。

安全面は、モデル別に2〜6個のエアバッグを装備。ルノーでは初めて、助手席に3Dタイプのエアバッグが採用された。

ユーティリティは、MP3やiPodに対応したオーディオ、さらにBluetoothによるハンズフリーフォンシステムが選択可能。オプションの小物類やデカールなどを自由に組み合わせることで“マイ・トゥインゴ”を仕立てることができるという。

価格は、7990〜1万6200ユーロ(邦貨にして130〜264万円)。本国では、2007年5月29日から受注を開始している。
ルノー・ジャポンによれば、日本への導入は来年以降になるとのことだ。

(webCG 関)


新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売の画像

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る