【スペック】全長×全幅×全高=4690×1830×1465mm/ホイールベース=2705mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(260ps/6300rpm、32.8kgm/4500rpm)/価格=592万円(テスト車=602万2900円)

アルファ・ロメオ・アルファ159スポーツワゴン 3.2JTS Q4 Q-トロニック セレクティブ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アルファ・ロメオ・アルファ159スポーツワゴン 3.2JTS Q4 Q-トロニック セレクティブ(4WD/6AT) 2007.05.30 試乗記 ……602万2900円
総合評価……★★★★

足並みが揃ってきた「アルファ159」のラインナップ。新たなトランスミッション“Q-トロニック”ことトルコン式ATが搭載された「アルファ159スポーツワゴン」を試す。

アルファ159スポーツワゴン 3.2JTS Q4 Q-トロニック セレクティブ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

受け継がれた遺伝子

日本で発売されたばかりの頃は、マニュアルギアボックスしか用意されていなかったアルファ159も、昨年末には2.2リッターに“セレスピード”が、今年3月には3.2リッターに“Q-トロニック”がそれぞれ追加されて、いよいよ販売も本格化、と期待されるいま、タイミングよく上陸したのがこの159スポーツワゴンだ。

先代の156にもスポーツワゴンは存在したが、スタイリッシュなデザインがとても魅力的だったものの、ワゴンというには狭いラゲッジスペースが、良くも悪くも特徴だった。

その点、159スポーツワゴンは旧型以上の実用性を誇っているのだが、ワゴンというより5ドアハッチバックに近いという点では、旧型のDNAを受け継いでいる!?。

一方、エンジンの持ち味や足まわりの設定など、クルマとしての性格が丸くなったのが156の時代と違う部分。それが寂しく思える反面、長時間過ごしてみるとこのほうが自分の波長には合っているようで、“スポーツ”と“ワゴン”というキーワードに過剰な期待さえ抱かなければ、なかなか魅力的なクルマだと思った。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ159の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
ホームへ戻る