「ニュービートル」に快適装備&iPod対応の特別仕様車

2007.05.29 自動車ニュース

「ニュービートル」に快適装備&iPod対応の特別仕様車

「ニュービートル」に快適装備&iPod対応の特別仕様車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ニュービートルに特別仕様車「ニュービートル COMFi(コンフィ)」を設定し、2007年5月29日に発売した。600台の限定発売。


「ニュービートル」に快適装備&iPod対応の特別仕様車

ベースとなるのは、1.6リッターの廉価版「EZ」。ボディカラーに、人気の高い「カンパネーラホワイト」と「ディープブラックパールエフェクトを採用。

専用装備として、障害物との距離を知らせる「パークディスタンスコントロール」やフロントフォグランプを付与した。車内では、CDラジオでコントロールできるiPod用アダプターをアームレストに内蔵するほか、フロントシートヒーターを装備し、快適性を高めた。

販売台数は、カンパネーラホワイトが300台、ディープブラックパールエフェクトは300台。
価格はベース車比で5万円高い236.0万円。

(webCGワタナベ)

関連キーワード:
ビートルフォルクスワーゲンニュービートル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • 「ザ・ビートル」に100台限定の豪華仕様 2014.11.11 自動車ニュース 日本に導入されていない「ザ・ビートル」の上級グレードが、100台限定で上陸。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る