第45回:Zoom-Zoomのふるさとを訪ねる(その2)

2007.05.29 エッセイ

第45回:Zoom-Zoomのふるさとを訪ねる(その2)

北九州空港からクルマで約3時間。マツダ本社に到着した若手編集者一行は、本社会議室でエンジンについての講義を受け、マツダの歴史を学ぶためにマツダミュージアムを訪れた。

DISIに力を入れる

本社エントランスは、他のメーカー同様にショールームになっていました。奥には喫茶店もあります。
地元の人たちは「じゃあ待ち合わせはマツダ本社でね」とかもあるんでしょうか。

会議室に通され、昼食のあとは講義の時間になります。
ここではロータリー、DISIという2つのエンジンについて解説を受けました。
特にガソリン直噴エンジンのDISIは、環境性能と動力性能を両立したエンジンとして、これからも力を入れていくとのことでした。現在「アクセラ」「アテンザ」「プレマシー」「CX-7」「MPV」に搭載され、すでにマツダの中核となっています。

最近「VWゴルフGT」や「BMW335i」などで直噴ターボを採用し、その燃費やレスポンスの良さが世間を騒がせていますね。DISIにもターボ版があり、2.3リッターDISIターボが「CX-7」や「マツダスピードアクセラ」などに搭載されています。これからの車種展開にも個人的に注目しています。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ