マツダ、「スピアーノ」を一部改良し、新モデルも追加

2007.05.29 自動車ニュース

マツダ、「スピアーノ」を一部改良し、新モデルも追加

マツダ、「スピアーノ」を一部改良し、新モデルも追加

マツダは、軽自動車「スピアーノ」を一部改良し、2007年5月29日に発売。新モデルも追加した。スピアーノは、「スズキ・ラパン」のOEM供給車。

今回の改良では、新デザインのシートおよびドアトリム表皮を利用し、主に内装をリフレッシュしている。
また、メッキタイプのフロントグリルを装備した「XS」と分割可倒式リアシートを装備した「GS」を新たに設定している。「GS」に搭載される分割可倒式リアシートは、多彩なシートアレンジが可能だという。

価格は、NAモデルは103万50円から130万3050円まで、ターボモデルは126万1050円から138万9150円までとなる。4WD車は、プラス12万8100円高。

(webCG 玉城)

関連キーワード:
スピアーノマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ「スピアーノ」に新グレード追加と一部改良 2003.9.17 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給を受けている軽乗用車「スピアーノ」(スズキ・アルト ラパン)に、ツインカムターボエンジン搭載の新グレード「SS」と、前席ベンチシートの「L」を追加。同時に従来モデル一部に燃費向上などの改良を施し、2003年9月11日から販売を開始した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • スズキ・アルト ラパンSS(FF/5MT)【試乗記】 2003.9.21 試乗記 スズキ・アルト ラパンSS(FF/5MT)
    ……119.0万円

    クラシカルな外観、部屋のようなインテリアをコンセプトにつくられたオシャレな軽自動車「アルト ラパン」。女性向けにつくられたモデルに、ターボ+5MTで男性に訴求する「ラパンSS」が加わった。ベンチシートをもつ新グレード「L」と合わせ、『webCG』記者が試乗した。


  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る