マツダ、「スピアーノ」を一部改良し、新モデルも追加

2007.05.29 自動車ニュース

マツダ、「スピアーノ」を一部改良し、新モデルも追加

マツダ、「スピアーノ」を一部改良し、新モデルも追加

マツダは、軽自動車「スピアーノ」を一部改良し、2007年5月29日に発売。新モデルも追加した。スピアーノは、「スズキ・ラパン」のOEM供給車。

今回の改良では、新デザインのシートおよびドアトリム表皮を利用し、主に内装をリフレッシュしている。
また、メッキタイプのフロントグリルを装備した「XS」と分割可倒式リアシートを装備した「GS」を新たに設定している。「GS」に搭載される分割可倒式リアシートは、多彩なシートアレンジが可能だという。

価格は、NAモデルは103万50円から130万3050円まで、ターボモデルは126万1050円から138万9150円までとなる。4WD車は、プラス12万8100円高。

(webCG 玉城)

関連キーワード:
スピアーノマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良 2014.12.26 自動車ニュース マツダが軽乗用車「キャロル」をモデルチェンジし、2015年1月に発売する。
  • マツダ「AZ-ワゴン」に特別仕様車 2001.2.28 自動車ニュース マツダは、スズキ・ワゴンRのOEMモデル「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「FM-G」「FM-TX」を設定、2001年2月27日に発売した。「FM-G」は、0.66リッター直3DOHC VVT(可変バルブタイミング機構)付きエンジン(54ps/6.4kgm)搭載のベーシックグレードに、エアコン、AM/FMラジオ付きカセットステレオ、キーレスエントリーを付与しつつ、価格を最廉価グレードより8.1万円(ATは7.1万円)安く設定、お買い得仕様としたモデルだ。価格は、2WDの5MT車が91.4万円、4ATは99.9万円、4WDは5MT車が102.6万円、4AT車が111.1万円。いっぽう「FM-TX」は、SOHCターボ(60ps/8.5kgm)を載せた中堅グレード「FM-T」をベースに、異形4灯ハロゲンヘッドランプ、アンダースポイラー(フロント/サイド/リア)、ルーフスポイラー、アルミホイールなどを装備、スポーティさを演出した特別仕様車だ。ベース車には設定されていない2DINサイズのMD/CDプレイヤー付きAM/FMカセットステレオ+4スピーカーが備わる。ベース車プラス6.9万円で、2WD車が127.9万円、4WD車が139.1万円。(webCG 有吉)
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • レクサスが北京ショーで新型「ES」を世界初公開 2018.4.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月18日、2018年北京モーターショー(開催期間:4月25日~5月4日)で、新型「レクサスES」を世界初公開すると発表した。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
ホームへ戻る