7人乗りミニバン「シトロエンC4ピカソ」、もうすぐ発売

2007.05.29 自動車ニュース

7人乗りミニバン「シトロエンC4ピカソ」、もうすぐ発売

シトロエン・ジャポンは、コンパクトな7人乗りミニバン「C4ピカソ」を2007年6月21日に発売する。

■視界良好

「C4ピカソ」は、2006年9月のパリモーターショーでデビューした、新型のミニバン。
全長×全幅×全高=4590×1830×1660mmのボディサイズ。ホイールベースは2728mmで、5人乗りの「C4」(2.0エクスクルーシブ:4260×1775×1480mm、WB=2610mm)よりひとまわり大きい。
「ビジョスペース」(VISIOSPACE:ビジョン+スペース)というコンセプトをかかげ、一般的なMPVより30cm以上垂直方向に長いフロントウィンドウや、前後1m以上にわたる大型のガラスルーフなど、視界のよさがウリ。C4セダン/クーペ同様、センター部分がまわらないステアリングなど、シトロエンらしい個性的なインテリアも持ち味で、2-3-2の7人乗り3列シートは、多彩なアレンジメントが可能だという。

日本に導入されるのは「2.0エクスクルーシブ」のみ。搭載される2リッター直4のガソリンエンジンは、143ps/6000rpm、20.8kgm/4000rpmを発生する。
トランスミッションは、2ペダル6MT「エレクトロニックギアボックスシステム」と、シーケンシャルモード付きトルコン式4ATの2種類が選べる。

■電動装備はフル装備

上級グレード「エクスクルーシブ」の名称がつく日本仕様車は、多くの機能が標準で備わる。
駐停車をサポートする「オートマチックパーキングブレーキ」に「 ヒルスタートアシスタンス」「パーキング・スペース・センサー」 前後の「パーキングアシスタンス」。さらに「バイキセノンディレクショナルヘッドライト」や「クルーズコントロール」など。

エアサスペンション(リア)も標準装備。停車時にはラゲッジルームの地上高を50〜64cmの範囲で変化させ、大きな荷物の積み下ろしをサポートする。

安全面は、ユーロNCAPの5つ星(満点)を獲得。7エアバッグを標準装備している。

価格は、2ペダルMT、4ATともに345.0万円。ライトゴールドメタリックやブルーグレーメタリックなど全7色で、右ハンドルのみラインナップする。
目玉となる「電動サンブラインド付パノラミックガラスルーフ」は、「ラミネーテッドサイドウインドウ」や「2列目/3列目ティンテッドガラス」とともに、セットオプション「グラスパッケージ」として15.0万円で用意される。

(webCG 関)

「シトロエンC4ピカソ」
「シトロエンC4ピカソ」
「電動サンブラインド付パノラミックガラスルーフ」は、オプションで用意される。
「電動サンブラインド付パノラミックガラスルーフ」は、オプションで用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョーが「3008」のディーゼルモデルを発表 2017.4.10 自動車ニュース プジョーの最新SUV「3008」にディーゼルモデルの「GT BlueHDi」が登場。最高出力180ps/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生する2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンを搭載しており、18.7km/リッターという燃費性能を実現している。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る