第5戦アロンソV、モナコでマクラーレン圧勝の1-2フィニッシュ【F1 07】

2007.05.28 自動車ニュース

【F1 07】第5戦モナコGP、マクラーレン圧勝の1-2フィニッシュ、アロンソV

F1世界選手権第5戦モナコGP決勝が、2007年5月27日、モンテカルロ市街地コース(3.34km)を78周して行われた。

65回目の伝統の一戦、マクラーレン・メルセデスが他をよせつけないスピードで1-2フィニッシュを達成。
フェルナンド・アロンソは昨年に続くモナコ2連覇、ルイス・ハミルトンは2位で5戦連続表彰台にのぼった。

チャンピオンと大物ルーキーは同点だが、今シーズン2勝のアロンソが未勝利のハミルトンの上となり、チャンピオンシップリーダーとなった。

マクラーレンは、記念すべき通算150勝目を、18年ぶりとなるモンテカルロ1-2で飾った。

3位は、マクラーレンに1分以上の大差をつけられたフェラーリのフェリッペ・マッサだった。

以降はすべて周回遅れ。4位に復調ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、5位にBMWザウバーのロバート・クビサ、6位にはレース前半に後続のフタとなったBMWのニック・ハイドフェルド、7位はウィリアムズ・トヨタのアレキサンダー・ブルツ、そして予選で失敗したフェラーリのキミ・ライコネンが8位に入り最後の1点を獲得した。

予選Q2を突破したホンダ勢は、ルーベンス・バリケロ10位、ジェンソン・バトン11位でゴール。トヨタの2台は、ヤルノ・トゥルーリ15位、ラルフ・シューマッハー16位でレースを終えた。

スーパーアグリ・ホンダは、佐藤琢磨17位、アンソニー・デイヴィッドソン18位という順位だった。

■セナ・プロスト時代の再来か

チャンピオンとルーキー。聞こえは対照的だが、マクラーレンの場合はたぶんにバランス感覚を必要とする組み合わせになりつつある。グリッド最速のマシンが用意されれば、なおさらだ。

モンテカルロでのマクラーレンの優位性は圧倒的なもので、今年初のポールポジションをアロンソが決めれば、ハミルトンがその隣、2番グリッドにぴたりとつけるパフォーマンスを披露。予選順位が何よりも重要なモナコ、先頭の2台からは逃げ切る自信がみなぎっていた。

追い抜き最難関コースゆえ、レースが始まったところで大きなポジション変動はのぞめない。
スタートでアロンソが逃げ、ハミルトンが追従。見かけは面白みに欠いたかもしれないが、同じカラーリングのマシンは、真剣勝負を繰り広げていた。

給油量若干軽めのアロンソがトップで飛ばすが、周回遅れを料理している間、2位ハミルトンが差をつめる。
翌周、縮まったギャップを拡げようと、予選を上回るタイムでチャンピオンが応酬。同じチームの2台が緊張関係にあることは容易に想像できた。

26周目、アロンソの最初のピットインで暫定トップに立ったハミルトンは、軽いマシンでファステストラップを叩き出し、首位奪取を試みた。
この間、なるべく多くの周回をこなしてから自らもピットに入りたいハミルトンだったが、チームはアロンソの3周後にハミルトンを呼んだ。

「アロンソより5周は多く走れたはずだ」というレース後のハミルトンの言葉に、メディアは「チームはアロンソに味方した」と騒ぎ立てる。マクラーレンのボス、ロン・デニスは(もちろん)ドライバー贔屓やチームオーダーを否定しているが、真相はわからない。

いずれにしろ、アロンソとハミルトン、最速マシンを与えられた2人が、2度目のピットストップまでに丁々発止とやりあっていたのは事実だった。

最終スティントではその勢いも収まったが、3位マッサに1分以上差をつけ、4位以降を周回遅れにし、マクラーレンはぶっちぎりの1-2フィニッシュを達成した。

優勝こそないものの5戦連続表彰台で波にのる大型新人ハミルトン。その影に隠れがちだった王者アロンソがモナコで優勝したことで、ちょっと崩れかけたマクラーレン内のバランスは少し落ち着いたように見える。

1980年代後半に“セナ・プロスト問題”を経験したマクラーレン、チームメイト同士の争いには“苦い思い出”がある。
若い2人のシーソーゲームが、この先、どのように展開してくのだろうか。

また独走したとはいえ、話はきわめて特殊なモナコでのこと。マクラーレン対フェラーリ、ポイント20点差の対決も忘れてはならない。

次からは北米2連戦。6月10日カナダGP、6月17日アメリカGPが待っている。

(文=bg)

チャンピオン対ルーキーの対決。優勝したフェルナンド・アロンソ(右)、4戦連続2位(+3位1回)のルイス・ハミルトン、マクラーレンの2人が席巻したモナコGPだった。(写真=Mercedes Benz)
チャンピオン対ルーキーの対決。優勝したフェルナンド・アロンソ(右)、4戦連続2位(+3位1回)のルイス・ハミルトン、マクラーレンの2人が席巻したモナコGPだった。(写真=Mercedes Benz)
3位は、フェラーリのフェリッペ・マッサ(右)。2位ハミルトンに70秒近くつけられてゴール。(写真=Ferrari)
3位は、フェラーリのフェリッペ・マッサ(右)。2位ハミルトンに70秒近くつけられてゴール。(写真=Ferrari)
マッサ(写真)3位の影に、予選でクラッシュし16位からスタートしたキミ・ライコネン。自らの存在をアピールすることなく、ライコネンは8位でフィニッシュした。キミの2戦連続の不調(不運)は、フェラーリの問題である。(写真=Ferrari)
マッサ(写真)3位の影に、予選でクラッシュし16位からスタートしたキミ・ライコネン。自らの存在をアピールすることなく、ライコネンは8位でフィニッシュした。キミの2戦連続の不調(不運)は、フェラーリの問題である。(写真=Ferrari)
ようやく調子を取り戻してきた感のあるルノー。昨年のチャンピオンチームは、ジャンカルロ・フィジケラ(写真)が4位でレースを終えた。ヘイキ・コバライネンは13位完走。(写真=Renault)
ようやく調子を取り戻してきた感のあるルノー。昨年のチャンピオンチームは、ジャンカルロ・フィジケラ(写真)が4位でレースを終えた。ヘイキ・コバライネンは13位完走。(写真=Renault)
あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!