「スズキ・スイフト」に1.2+CVTを追加、新モデルも登場

2007.05.25 自動車ニュース
「スズキ・スイフトXE」
「スズキ・スイフト」に1.2+CVTを追加、新モデルも登場

「スズキ・スイフト」に1.2+CVTを追加、新モデルも登場

スズキは2007年5月24日、コンパクトハッチの「スイフト」シリーズをマイナーチェンジ。1.2リッターエンジンの採用や、上級モデルの追加などが行われた。

新開発の1.2リッターエンジンを採用。
新開発の1.2リッターエンジンを採用。
リアシートは6:4の分割可倒式。シングルフォールディング式。
リアシートは6:4の分割可倒式。シングルフォールディング式。

■1.2+CVTで燃費向上

「スイフト」のマイナーチェンジで一番のトピックが、1.2リッターエンジン+CVTの採用。これまでのFFモデル、1.3リッター+ATはすべて、この組み合わせに入れ替えられた。
新エンジンは90psと12.0kgmを発生し、「従来の1.3リッター(91ps、12.0kgm)と同等」と主張される。環境性能に優れるうえ、CVTを組み合わせることで、カタログ燃費20.5km/リッターという低燃費を実現したと謳われる。
なお、4WDやMTモデルでは1.3リッターエンジンがキャリーオーバーされる。1.5リッターモデルにスペックの変更はない。

エクステリアでは前後バンパーやテールランプの意匠変更が行われ、さらに一部グレードにはドアミラー埋め込みのサイドターンランプを採用。荷室の使い勝手も改められ、リアシートの収納は2アクションのタンブルフォールディングから、1アクションのシングルフォールディングとされた。キーレスエントリーも標準で備わる。

ボディカラーは全7色を設定、価格は110万2500円から160万6500円

「スズキ・スイフトスタイル」
「スズキ・スイフトスタイル」
「スイフトスタイル」のインテリア。
「スイフトスタイル」のインテリア。

■女性向けの「スイフトスタイル」登場

同時に登場した新たなモデルが「スイフトスタイル」。主に女性をターゲットとし、1.2リッターFFと1.3リッター4WDの「スイフト」に、上質な装備を施した車両である。

フロントマスクは「スイフト」と差別化され、クロームメッキを用いた専用グリルが与えられる。LEDサイドターンランプ付きドアミラーも標準。
内装はブラウン基調でまとめられた。ウッド調のステアリングホイールやシフトノブ、本革とアルカンターラの専用シートが配され、インパネはシルバーパーツを用いた専用デザイン。

ボディカラーは専用色「マルーンブラウンパール」を含む6色が用意され、価格は133万3500円(FF)と151万2000円(4WD)。

■「スイフトスポーツ」加速重視、ESPを標準に

「スイフトスポーツ」は、1速のハイギアード化により2速と近づけたクロースレシオに変更された。ファイナルギアは低められ、加速感を向上させたという。
さらに、アンチスピンデバイスのESPが標準装備されたこともニュースである。

他モデル同様、サイドミラーにターンランプが備わることがマイチェンモデルの証。
価格は162万7500円(5MT)と168万円(4AT)。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=荒川正幸)

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る