「スズキ・スイフト」に1.2+CVTを追加、新モデルも登場

2007.05.25 自動車ニュース
「スズキ・スイフトXE」
「スズキ・スイフト」に1.2+CVTを追加、新モデルも登場

「スズキ・スイフト」に1.2+CVTを追加、新モデルも登場

スズキは2007年5月24日、コンパクトハッチの「スイフト」シリーズをマイナーチェンジ。1.2リッターエンジンの採用や、上級モデルの追加などが行われた。

新開発の1.2リッターエンジンを採用。
新開発の1.2リッターエンジンを採用。
リアシートは6:4の分割可倒式。シングルフォールディング式。
リアシートは6:4の分割可倒式。シングルフォールディング式。

■1.2+CVTで燃費向上

「スイフト」のマイナーチェンジで一番のトピックが、1.2リッターエンジン+CVTの採用。これまでのFFモデル、1.3リッター+ATはすべて、この組み合わせに入れ替えられた。
新エンジンは90psと12.0kgmを発生し、「従来の1.3リッター(91ps、12.0kgm)と同等」と主張される。環境性能に優れるうえ、CVTを組み合わせることで、カタログ燃費20.5km/リッターという低燃費を実現したと謳われる。
なお、4WDやMTモデルでは1.3リッターエンジンがキャリーオーバーされる。1.5リッターモデルにスペックの変更はない。

エクステリアでは前後バンパーやテールランプの意匠変更が行われ、さらに一部グレードにはドアミラー埋め込みのサイドターンランプを採用。荷室の使い勝手も改められ、リアシートの収納は2アクションのタンブルフォールディングから、1アクションのシングルフォールディングとされた。キーレスエントリーも標準で備わる。

ボディカラーは全7色を設定、価格は110万2500円から160万6500円

「スズキ・スイフトスタイル」
「スズキ・スイフトスタイル」
「スイフトスタイル」のインテリア。
「スイフトスタイル」のインテリア。

■女性向けの「スイフトスタイル」登場

同時に登場した新たなモデルが「スイフトスタイル」。主に女性をターゲットとし、1.2リッターFFと1.3リッター4WDの「スイフト」に、上質な装備を施した車両である。

フロントマスクは「スイフト」と差別化され、クロームメッキを用いた専用グリルが与えられる。LEDサイドターンランプ付きドアミラーも標準。
内装はブラウン基調でまとめられた。ウッド調のステアリングホイールやシフトノブ、本革とアルカンターラの専用シートが配され、インパネはシルバーパーツを用いた専用デザイン。

ボディカラーは専用色「マルーンブラウンパール」を含む6色が用意され、価格は133万3500円(FF)と151万2000円(4WD)。

■「スイフトスポーツ」加速重視、ESPを標準に

「スイフトスポーツ」は、1速のハイギアード化により2速と近づけたクロースレシオに変更された。ファイナルギアは低められ、加速感を向上させたという。
さらに、アンチスピンデバイスのESPが標準装備されたこともニュースである。

他モデル同様、サイドミラーにターンランプが備わることがマイチェンモデルの証。
価格は162万7500円(5MT)と168万円(4AT)。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
ホームへ戻る