「フロアパンについて」

2001.05.15 クルマ生活Q&A ボディ

「フロアパンについて」

最近、開発生産コストの削減から、フロアパンを共有する車種が増えているとききます。フロアパンが共通でも異なったホイールベースにする事ができるのは、なぜですか?(札幌市INさん)

お答えします。フロアパンとは、端的にいうと自動車の床の部分を指しています。ただし、1枚の鋼板から作られているのではなく、数枚をスポット溶接で接合しています。そこで、この鋼板の溶接位置を前後、左右に少しずらすだけで車幅やホイールベースを変えられるというわけです。

加えて、まったくフロアパンを使っていても、サスペンションアームやエンジンマウントを支えているサブフレームという部分も、若干の伸縮が可能になっています。これでもホイールベースが変わります。

車幅やホイールベース位置を変えることを前提に設計されたフロアパンを「フレキシブルプラットフォーム」ともよびます。これもよく使われる言葉です。