「ルノー・グラン セニック」マイナーチェンジでお化粧直し

2007.05.25 自動車ニュース

「ルノー・グラン セニック」マイナーチェンジでお化粧直し

ルノー・ジャポンは、3列シート7人乗りミニバン「グラン セニック」をマイナーチェンジし、2007年5月25日発売する。

グラン セニックは、休暇に1000km以上のドライブを楽しむライフスタイルに最適な「フレンチスタイルミニバン」として、欧州で人気だという。

新型グラン セニックの主たる変更点は、外観のお化粧直しと装備の充実。エクステリアは、ボディ同色のバンパーモール/サイドモール、LEDリアランプ/ブレーキランプ、フロントソナーなどを採用。インテリアは、新デザインのシート生地に加え、パノラミック電動グラスルーフの赤外線の遮断率が、従来の78%から92%へ高められた。さらに2列目、3列目、リアグラスにウィンドウシェードが付与された。

安全装備として、ESP(横滑り防止装置)、ABS付きEBD(電子制御制動力配分システム)、前席フロント、サイドなど6か所にエアバックを装備。また、ブースターシート使用時にシートベルトを肩の位置に保持するチャイルドヘッドレストを新たに採用した。

ボディカラーは、新色アイスバーグ・ブルーメタリックを追加し4色を設定。価格は、320万円となる。

(webCG ワタナベ)


「ルノー・グラン セニック」マイナーチェンジでお化粧直しの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランセニックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・グラン セニック(4AT)【試乗記】 2005.9.14 試乗記 ルノー・グラン セニック(4AT)
    ……279万8250円

    ルノーの3列7人乗りマルチパーパスビークル「グラン セニック」。欧州でバカンスを楽しむ際、1000kmを走っても“楽しい”と謳われるニューモデルに試乗した。


  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・セニックRXE(4AT)【試乗記】 2000.10.7 試乗記 ルノー・セニックRXE(4AT)
    ……249.0万円

    1996年9月にデビュー。97年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、同年9月から日本への導入が始まったメガーヌベースのミニバン。独立した、2列、5つのシートをもつ。
    フランス北部は「ジョルジュ・ベッス・ド・ドゥエ工場」でつくられ、1日あたりの生産台数は、96年9月の300台から、2000年1月には1800台にまで拡大。「コンパクト&ミディアム」クラスのモノボリュームとして、ヨーロッパ全体で65.0%、フランス国内では実に79.5%のシェアを占める。
    1984年に登場したアバンギャルドな先輩、ルノー・エスパス同様、ヨーロッパで、ニューカテゴリーの牽引役を果たす。


  • ルノー・アヴァンタイム(5AT)【試乗記】 2002.11.26 試乗記 ルノー・アヴァンタイム(5AT)
    ……500.0万円

    ミニバンの形態をとりながら、ドアが2枚しかない“クーペ”モデル「アヴァンタイム」。ルノーがリリースした話題作に、webCG記者が試乗した。高い視点でドライブしながら考えたこととは?


  • ルノーの7人乗りマルチパーパスビークル「グラン セニック」発売 2005.9.9 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、3列シート7人乗りのマルチパーパスビークル「グラン セニック」を、2005年9月9日に発表。同月20日に発売する。
ホームへ戻る