「ルノー・グラン セニック」マイナーチェンジでお化粧直し

2007.05.25 自動車ニュース

「ルノー・グラン セニック」マイナーチェンジでお化粧直し

ルノー・ジャポンは、3列シート7人乗りミニバン「グラン セニック」をマイナーチェンジし、2007年5月25日発売する。

グラン セニックは、休暇に1000km以上のドライブを楽しむライフスタイルに最適な「フレンチスタイルミニバン」として、欧州で人気だという。

新型グラン セニックの主たる変更点は、外観のお化粧直しと装備の充実。エクステリアは、ボディ同色のバンパーモール/サイドモール、LEDリアランプ/ブレーキランプ、フロントソナーなどを採用。インテリアは、新デザインのシート生地に加え、パノラミック電動グラスルーフの赤外線の遮断率が、従来の78%から92%へ高められた。さらに2列目、3列目、リアグラスにウィンドウシェードが付与された。

安全装備として、ESP(横滑り防止装置)、ABS付きEBD(電子制御制動力配分システム)、前席フロント、サイドなど6か所にエアバックを装備。また、ブースターシート使用時にシートベルトを肩の位置に保持するチャイルドヘッドレストを新たに採用した。

ボディカラーは、新色アイスバーグ・ブルーメタリックを追加し4色を設定。価格は、320万円となる。

(webCG ワタナベ)


「ルノー・グラン セニック」マイナーチェンジでお化粧直しの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る