【スペック】全長×全幅×全高=4785×1820×1530mm/ホイールベース=2710mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(250ps/6250rpm、33.1kgm/2750rpm)/価格=459万円

フォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアント V6 4MOTION【試乗記】

フォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアント V6 4MOTION 2007.05.25 試乗記 ……459万円
“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。
2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!
 
フォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアント V6 4MOTION【短評】

勝手に、カー・オブ・ザ・デイ

予備知識なしに乗って驚いた。エンジンは活発、シャシーは思いのほかシャープ。それでいて普段はひとクラス上のサルーンも顔負けの静かさと上質さを誇る。まさに言うことなし。こうなるとグリルを除けば野暮ったいくらいに控えめな外観が惜しいところ。だが物は考えようで、自分で買うのが辛いパラサイトシングルあたりには親父を騙す恰好の候補と映るかもしれない。

ウォールナットパネルとスポーツレザーシートが標準の豪華な室内はパサート伝統の広さで、アイドリング時には静寂に包まれる。けれども一旦右足に力を込めると、むしろ饒舌とでもいいたくなるほど感性豊かなエンジンに豹変する。吹け上がりの軽さは実に印象的で、Dレンジでもリミットを超えて6700rpmまで回り、それまでの快音が僅かにトーンを変えたかと思った刹那にシフトアップが完了する。スペックを確かめて納得した。250psを発する3.2リッターV6は案の定、VWアウディ系モデルに生気を吹き込んだFSI直噴仕様。そして文字どおりシームレスな変速はDSGのなせる技だった。

この日、唯一1時間半の試乗枠が確保できたのも幸いだった。なぜなら、おかげでいつものハンドリングコースに連れ出すことができ、そこでも嬉しい誤算が待っていたからだ。前後トルク配分が100:0から50:50まで変化するハルデックス・ユニットを用いた4WDと、優れたダンピングに助けられたコーナリングは味わい深く、ダイアゴナルに煽られそうなうねりに遭遇しても泰然自若としている。タイヤもさぞかしパフォーマンス寄りなのではと思ったら、なんとスタッドレスが付いていた。

(文=道田宣和/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2015.9.3 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」に試乗。モジュラー戦略「MQB」に基づいて開発された新型は、安全性から実用性、快適性、環境性能までと全方位進化を遂げたという。その実力を探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR ヴァリアント(4WD/6AT)【試乗記】 2015.6.11 試乗記 「ゴルフ」シリーズの高性能モデル「R」が、ワゴンボディーの「ヴァリアント」にも追加された。「最強のグランドツアラー」をうたうハイパフォーマンスワゴンの実力を箱根で確かめる。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る