エタノール100%燃料で走れる「カローラ」発売

2007.05.24 自動車ニュース

エタノール100%燃料で走れる「カローラ」発売

トヨタ自動車は、バイオエタノール100%の燃料で走行できる「カローラFlex」「カローラフィールダーFlex」を、2007年5月25日にブラジルで発売する。

「カローラFlex」「カローラフィールダーFlex」は、現行型の1.8リッターガソリンエンジン車「カローラ」「カローラフィールダー」がベース。燃料系とエンジン本体の仕様を変更し、穀物を原料とするバイオエタノール100%の燃料で走行できるようにした。
なお、動力性能はベース車と同等以上とのことだ。

現在、世界各地で生産されている同社のガソリンエンジン車は、すべてバイオエタノール10%の燃料を使用できるが、100%バイオエタノール燃料車の販売は初。
この燃料が広く普及しているブラジルでの発表、発売となった。

(webCG 関)

「カローラフィールダーFlex」
「カローラフィールダーFlex」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ アクシオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る