エタノール100%燃料で走れる「カローラ」発売

2007.05.24 自動車ニュース

エタノール100%燃料で走れる「カローラ」発売

トヨタ自動車は、バイオエタノール100%の燃料で走行できる「カローラFlex」「カローラフィールダーFlex」を、2007年5月25日にブラジルで発売する。

「カローラFlex」「カローラフィールダーFlex」は、現行型の1.8リッターガソリンエンジン車「カローラ」「カローラフィールダー」がベース。燃料系とエンジン本体の仕様を変更し、穀物を原料とするバイオエタノール100%の燃料で走行できるようにした。
なお、動力性能はベース車と同等以上とのことだ。

現在、世界各地で生産されている同社のガソリンエンジン車は、すべてバイオエタノール10%の燃料を使用できるが、100%バイオエタノール燃料車の販売は初。
この燃料が広く普及しているブラジルでの発表、発売となった。

(webCG 関)

「カローラフィールダーFlex」
「カローラフィールダーFlex」

関連キーワード:
カローラ アクシオカローラ フィールダートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】NEW 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る