300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

2007.05.24 自動車ニュース
 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

独アウディは、2007年5月16-20日に開催されたハイパフォーマンスカーのイベント「第26回ヴォルターゼツアー」で、「アウディTT クラブスポーツクワトロスタディ」を発表した。

 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像
 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像

■プレミアム×スパルタン

「アウディTT クラブスポーツクワトロスタディ」は、デザインコンシャスな「アウディTT」を純粋なドライビングマシンに仕立て上げた、コンセプトモデル。
「プレミアムレベルの“スパルタン”とは何か?」をテーマに開発したという。

オープンボディは、キャビンの上半分、Aピラーとキャンバストップを丸ごと取り去った、古典的なロードスタースタイルだ。
ドライバーの目の前には、フロントウィンドウの代わりに低めのウィンドスクリーンが置かれるのみ。ロールオーバー・バーもフラット化され、スポーツバケットシート上端までの高さにとどまる。
ハンドルを省いた左右のドアは、リモコンで開閉。サイドミラーを小型化するなど、フラッシュサーフェース化を図った。

フロントまわりは、昼間点灯のLEDランプと、グリルからボンネットに移された「4リングエンブレム」が特徴。対するリアは、バンパーからむき出したステンレスサイレンサーと楕円形テールパイプのデュアルエキゾーストシステムが異彩を放つ。

 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

■インテリアはアルミがポイント

インテリアも同様のテーマで開発された。運転席と助手席のスポーツバケットシートには4点式シートベルトが与えられ、ステアリングのスポーク、ペダル類、シフトレバーとゲート、ドアハンドルなどにアルミを多様。スパルタンなキャラクターを強調された。

ただし、ダッシュボードのエアベント内に高級オーディオ「バング&オルフセン」のMP3プレーヤーを仕込むなど“プレミアム”な部分も。時計やオドメーターは、スパルタンな1台、という基本コンセプトに基づいて、省略された。

 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像
 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像

■300psオーバー

その心臓、2リッターターボのTFSIユニットは吸気系などにチューニングを施し、300ps以上を発生する。エンジンカバーを取り去り、冷却水のリザーバータンクをクロスフレーム内に、ABSシステムをインテリアにそれぞれ移設。ボンネット内はエンジンの存在感が際立つシンプルな構成となった。

組み合わされるギアボックスは、2ペダルMTの「Sトロニック」。駆動方式は、おなじみ「クワトロフルタイム4WDシステム」だ。
足まわりは、20インチの大径ホイールに265/30R20のシューズの組み合わせ。RS4やS4などのハイパフォーマンスモデルに装着されるセラミックブレーキが、TTモデルで初めて採用された。

アウディは、「TTクラブスポーツクワトロ」の少量生産を検討しているという。日本市場への導入については未定とのことだ。

(webCG 関)

関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
ホームへ戻る