300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

2007.05.24 自動車ニュース
 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

独アウディは、2007年5月16-20日に開催されたハイパフォーマンスカーのイベント「第26回ヴォルターゼツアー」で、「アウディTT クラブスポーツクワトロスタディ」を発表した。

 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像
 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像

■プレミアム×スパルタン

「アウディTT クラブスポーツクワトロスタディ」は、デザインコンシャスな「アウディTT」を純粋なドライビングマシンに仕立て上げた、コンセプトモデル。
「プレミアムレベルの“スパルタン”とは何か?」をテーマに開発したという。

オープンボディは、キャビンの上半分、Aピラーとキャンバストップを丸ごと取り去った、古典的なロードスタースタイルだ。
ドライバーの目の前には、フロントウィンドウの代わりに低めのウィンドスクリーンが置かれるのみ。ロールオーバー・バーもフラット化され、スポーツバケットシート上端までの高さにとどまる。
ハンドルを省いた左右のドアは、リモコンで開閉。サイドミラーを小型化するなど、フラッシュサーフェース化を図った。

フロントまわりは、昼間点灯のLEDランプと、グリルからボンネットに移された「4リングエンブレム」が特徴。対するリアは、バンパーからむき出したステンレスサイレンサーと楕円形テールパイプのデュアルエキゾーストシステムが異彩を放つ。

 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビュー

■インテリアはアルミがポイント

インテリアも同様のテーマで開発された。運転席と助手席のスポーツバケットシートには4点式シートベルトが与えられ、ステアリングのスポーク、ペダル類、シフトレバーとゲート、ドアハンドルなどにアルミを多様。スパルタンなキャラクターを強調された。

ただし、ダッシュボードのエアベント内に高級オーディオ「バング&オルフセン」のMP3プレーヤーを仕込むなど“プレミアム”な部分も。時計やオドメーターは、スパルタンな1台、という基本コンセプトに基づいて、省略された。

 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像
 
300psの「アウディTT」、スパルタンな装いでデビューの画像

■300psオーバー

その心臓、2リッターターボのTFSIユニットは吸気系などにチューニングを施し、300ps以上を発生する。エンジンカバーを取り去り、冷却水のリザーバータンクをクロスフレーム内に、ABSシステムをインテリアにそれぞれ移設。ボンネット内はエンジンの存在感が際立つシンプルな構成となった。

組み合わされるギアボックスは、2ペダルMTの「Sトロニック」。駆動方式は、おなじみ「クワトロフルタイム4WDシステム」だ。
足まわりは、20インチの大径ホイールに265/30R20のシューズの組み合わせ。RS4やS4などのハイパフォーマンスモデルに装着されるセラミックブレーキが、TTモデルで初めて採用された。

アウディは、「TTクラブスポーツクワトロ」の少量生産を検討しているという。日本市場への導入については未定とのことだ。

(webCG 関)

関連キーワード:
TTクーペTTロードスターアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る