第322回:緊急直撃“オロチを買った男”!(購入編)
フェラーリより全然いいですっ!?

2007.05.21 エッセイ

第322回:緊急直撃“オロチを買った男”!(購入編)フェラーリより全然いいですっ!?

ファーストオロチ(正確には3号車)を購入した鈴木さん。
第322回:緊急直撃“オロチを買った男”!(購入編)フェラーリより全然いいですっ!?

ファーストオロチは36歳男性の手に

ってなわけで一部知ってる人もいるとは思うけど、2007年4月23日、ミツオカ初のスーパーカー、っていうか日本初の“超個人的スーパーカー”である「ミツオカ・オロチ」の納車式がありましたっ! 創造主であるカリスマクルマバカ、光岡進会長を知る俺としてはただただ感動であります。いんやー、本当に発売されちゃうとは。しんじらんねー。

ただね。昨年詳細が発表された時、400台限定でお値段1050万円!!(消費税込み)と聞いて「ホンマに売れるんかいな〜」と思ったのも事実。オリジナルシャシーとはいえ、エンジンは「トヨタ・ハリアー」用の3.3リッターV6で233ps。正直、スーパーハイスペックとはいいがたい。

しかしすごい人はいるもんですでに受注50台で、先日、冒頭の1回目納車式が行われたわけだけど、果たしてどういう人がナニを考えて買っているのか? 不肖小沢! みなさまに代わり直撃してまいりましたっ。
訪ねたのは36歳という若さの最年少ファーストオロチ購入者、鈴木康成さん。正確にいやぁ3号車なんだけど、最初の4台はみんな1号車みたいなもんよ! いったいどんなにスケールのデカい男なんでしょーか。ちなみに取材会場はうちの近所の目黒のファミレスです(笑)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』