スズキ、「アルト ラパン」を一部改良し、特別仕様車も発売

2007.05.18 自動車ニュース

スズキ、「アルト ラパン」を一部改良し、特別仕様車も発売

スズキは、軽乗用車「アルト ラパン」を一部改良し、2007年5月16に発売した。同時に、特別仕様車「G エディション」を設定して発売した。

主に内外装をリフレッシュ。フロントグリルは、ボディ同色の新デザインと外縁にメッキ処理などした2種類を設定。車内では、内装色のほか、カラーの異なる凹柄のシートとドアトリム表皮をグレードごとに採用し、差別化を図った。また、リアシートは、全車分割可倒式となったのも新しい。

価格は、NAモデルは100万650円から117万1800円まで、ターボモデルが124万50円から125万7900円となる。4WD車は、プラス12万8100円高。

また、特別仕様車「G エディション」は、メッキ処理を施した専用フロントグリルに、ベージュ基調の専用インパネ、花柄のシートとドアトリム表皮を採用し、華やかさを表現したという。

価格は、110万2500円。

(webCG ワタナベ)

 
スズキ、「アルト ラパン」を一部改良し、特別仕様車も発売の画像

関連キーワード:
ラパンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • 「スズキ・バレーノ」のターボ車、指定燃料がレギュラーガソリンに 2018.5.16 自動車ニュース スズキは2018年5月16日、コンパクトハッチバック「バレーノ」の1リッターターボエンジン搭載車の指定燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンへと変更し、販売を開始した。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る