第94回:“奇跡の山”、高尾山に迫る危機
その6:取り返しのつかない大きなダメージ(矢貫隆)

2007.05.18 エッセイ

第94回:“奇跡の山”、高尾山に迫る危機その6:取り返しのつかない大きなダメージ

法隆寺の庭を貫いて道路をつくるようなもの

「圏央道は、『なかなか開通しない』とかいう話題を耳にすることはあるんですが、こういう重要な環境問題が指摘されることがないのは不思議ですよね。多くの市民は、こうした問題に興味がないのではなく、知らされていないということなんじゃないでしょうか。僕も知りませんでしたし……」

そのとおりだよね。A君は、さすがに社会性があるな。
と、こうやってキミを誉めるのもこれが最後だと思うと淋しいぞ。あの頃、キミは彼女もいなくて……。
「しみじみするの、やめて下さい」

小泉武栄教授は、著書『山の自然学教室』でこう書いて憂慮している。

「実際にトンネルが開通すれば、高尾山の自然は取り返しのつかない大きなダメージを受けることになるのではないかと危惧されています。わが国の国家的財産というべき高尾山にトンネルを掘るのは、法隆寺の庭を貫いて道路をつくるようなものなのですが、困ったことに、つくる側にはそういう意識がまるでなさそうに見えます」

「国土交通省の方がたは、人間がつくった文化財の大切さは理解できるようなのですが、自然が長い年月をかけてつくりだした自然の文化財については、その重要性がわかっていないようです。自然史に関する教育の欠如が、残念なことにこんなところにまで影を落としているのです」

景色がいい。

とか言っているうちに頂上に到着である。
のんびり歩いて1時間半の道のりだった。

「さっきの売店でソフトクリーム食べたかったわね。帰りまで我慢しましょ」
ご老人の団体が最後の短い階段を登りながら話している。
頂上でも売ってますよ。
「あら、よかったわ」
見知らぬ人と自然に会話できるのは山の特徴だけれど、それは高尾山もいっしょだ。

幼稚園児くらいの子どもたちがお弁当を広げていた。ケーブルカーで上がってきたのか、あるいは1号路を歩いてきたのだろう。若いカップルが目立つ。外国人もいる。愛犬を連れている人も、淋しく男どうしのグループも、本格的登山に向けてのトレーニングの人も、なかには走って登ってきたランナーの姿もあった。

「さすがに年間400万人が登る高尾山ですね。いろいろな人たちがいる。次はボクも妻子を連れてきます」
えッ……(いたのか、子が。子どもはいないはずなのだが、と心のなかで思う)。

高尾山頂。景色がいい。
天気がいい日は新宿の高層ビル群が見える。新宿って、あんな近くだったんだと思う。
新宿が見えるから、あれは東京ドームか、いや、ちょっと方角が違うなと思ったら、西武ドームだった。

とにかく景色がいい。

(つづく)

(文=矢貫隆)

頂上は開けており、売店や自動販売機もある。
頂上は開けており、売店や自動販売機もある。

第94回:“奇跡の山”、高尾山に迫る危機その6:取り返しのつかない大きなダメージ(矢貫隆)の画像
快晴ともなれば、富士をのぞむこともできるという。
快晴ともなれば、富士をのぞむこともできるという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。