第321回:レクサスLS600hのチーフエンジニアを直撃
「全然自信満々じゃありませんよ」

2007.05.18 エッセイ

第321回:レクサスLS600hのチーフエンジニアを直撃「全然自信満々じゃありませんよ」

クルマ界の松坂がいよいよ登板

先日のインプレでもご紹介した日本カーマニア待望、いや日本クルマ産業待望の「レクサスLS600h」! 日本国内の発表に先駆けてフランクフルトで乗せてもらったわけだけど、ある意味、単なるハイパフォーマンス新車ではないわけですよ。なぜなら“日本を代表するメーカー”による“日本を代表する高級車ブランド”の“現在最高のパフォーマンスカー”なんだから。いわば“クルマ版松坂大輔”。日本中の期待を背負ってるともいえるわけ。

というのも昨今、半導体を中心とする電気メーカーはいまひとつ勢いがないし、そのほか金融、建設、薬品、化学業界を見ても浮いた話は出てこない。スポーツ界にしたってサッカーがドイツW杯で惨敗し、バレーボールが男女共にメダルが取れないなか、唯一調子いいのは野球と女子マラソンぐらいのもの。しかもその自動車産業のキモともいうべきハイブリッドカーなわけだから、ますます魔球“ジャイロボール”がウワサされる松坂に存在が近いという……ちょっと強引かな?

それはさておき、ドイツで試乗した後にチーフエンジニアの吉田守孝さんを直撃したら、面白いコメントが飛び出してきたんで、とりあえずどーぞ。

小沢: えー、LSハイブリッドで一番伝えたいことってなんでしょうか?
吉田: まずはLSの上を作るという意味合いです。LSはまさにレクサスのけん引役で、イメージのみならず、収益という面でもリーダーなわけですよ。実際に「セルシオ」の時代からやってきて台数は伸びてるし、となるとLS全体の存在を上に持ってくるよりも、LSの幅を広げる必要が出てくる。
小沢: つまり、LS全体を高級化させるのではなく、LSの中にさらにスーパーLSという存在を作るような……そんな感じですか。
吉田: そうかもしれません。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』