「スバル・レガシィ」装備充実 新グレード&特別仕様車も

2007.05.17 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」装備充実 新グレード&特別仕様車も

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズの装備を見直すとともに、新グレードを設定。特別仕様車とあわせ2007年5月15日に発売した。

■新グレードは、クルーズ仕様とスポーツ仕様

「SUBARU G-BOOK ALPHA」対応のHDDナビゲーションシステムを、ツーリングワゴン&B4とアウトバックの3リッターモデル、ツーリングワゴン&B4の2リッターモデル「2.0R」「2.0GT」にオプション設定。キーレスエントリーシステムを「2.0GT」「3.0R」に標準装備した。
また、3リッターモデルに備わるシフトダウン時のブリッピング機能を、2リッターターボ車の5ATモデルにも付与するなどした。

さらに、2つのグレードを追加設定した。

レーダーによるクルーズコントロール機能や運転席&助手席8ウェイパワーシートなどを備える「SI-Cruise」グレードを、ツーリングワゴン&B4の「2.0GT」「3.0R」、アウトバックの「3.0R」にそれぞれ追加。

ビルシュタインダンパー、MOMOステアリング、HIDプロジェクターランプ、17インチアルミホイールなどを備えるスポーティなグレード「2.0R spec.B」を、ツーリングワゴンとB4に設定した。

価格は「ツーリングワゴン」が210.0万円から345万9750円で、「B4」が208万9500円から329万7000円。「アウトバック」は、268万8000円から345万9750円となっている。

■ベーシックグレードには特別仕様車

特別仕様車も設定された。
ツーリングワゴン&B4の「2.0i Bスポーツ」とアウトバック「2.5i S-style」は、MOMOステアリング、運転席8ウェイパワーシート、専用アルミホイール、HIDロービームランプなどを装備。

ツーリングワゴン&B4の「2.0iブライトン」とアウトバック「2.5i L-style」は、運転席&助手席8ウェイパワーシート、左右独立調整式エアコン、MOMO製ウッド&本革ステアリングなどで、上質感を演出した。

特別仕様車の価格は、「ツーリングワゴン」が234万6750円から244万1250円、「B4」が219万4500円から228万9000円。
「アウトバック」は、278万7750円(S-style)と282万9750円(L-style)だ。

(webCG 関)

レガシィ・ツーリングワゴン「2.0i Bスポーツ」
レガシィ・ツーリングワゴン「2.0i Bスポーツ」
レガシィB4「2.0iブライトン」
レガシィB4「2.0iブライトン」

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン レガシィアウトバックスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)... 2017.3.21 試乗記
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記