「日産ラフェスタ」マイチェンで、オーテック仕様もお化粧直し

2007.05.17 自動車ニュース
「ラフェスタ・ライダー」
「日産ラフェスタ」マイチェンで、オーテック仕様もお化粧直し

「日産ラフェスタ」マイチェンで、オーテック仕様もお化粧直し

オーテックジャパンは、「日産ラフェスタ」のマイナーチェンジにともない、「ラフェスタ・ライダー」の内外装を一新。2007年5月15日に発売した。

「ラフェスタ・アシャンテ・ハイウェイスター」
「日産ラフェスタ」マイチェンで、オーテック仕様もお化粧直し

「ラフェスタ・ライダー」は、オーテックジャパンの手になるラフェスタのカスタマイズモデル。
エクステリアに専用デザインのバンパー、グリル、サイドシルプロテクターなどを与え、マフラーエンドはオリジナルのテールパイプフィニッシャー、足まわりは16インチの「光輝アルミホイール」で飾った。

ブラック基調のインテリアには、シルバードット柄のシート地や、本革ステアリング、キッキングプレートなどの専用パーツを付与した。

また、オプションとして、「専用チューニングサスペンション」や「フジツボ技研製スポーツマフラー」(FFのみ適合)をセットにした「スポーティパッケージ」が用意された。

価格は、FFが219万4500円、4WDが244万6500円だ。

また、このたび小変更されたラフェスタをベースに、助手席にスライドアップ機構などを備える福祉車両「ラフェスタ・アシャンテ」もラインナップ。
こちらは、230万4750円(FF)から282万9750円(4WD/ハイウェイスター)までとなっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実 2016.7.5 自動車ニュース 日産自動車が「ラフェスタ ハイウェイスター」の装備を強化。電動スライドドアとスライドドアイージークロージャーを全車標準装備とした。グレードによってはインテリジェントキーやキセノンヘッドランプも標準となる。
  • 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)【試乗記】 2004.12.20 試乗記 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)
    ……277万2100円/211万500円

    スポーティな走りを訴求するライバルとは一線を画し、運転のしやすさ、明るい室内など、ピープルムーバーの本流に磨きをかけた「日産ラフェスタ」。自動車ジャーナリストの笹目二朗は、コンセプトどおりのクルマであることは評価するが……。


  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る