【スペック】LS600h:全長×全幅×全高=5030×1875×1480mm/ホイールベース=2970mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)

レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【海外試乗記(後編)】

さすがはLSのハイブリッド(後編) 2007.05.16 試乗記 レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)
世界が注目するレクサスのハイブリッドモデル「LS600h」。4WDと組み合わされるハイブリッド・システムが生み出すパワーと燃費の効果は?フランクフルトから報告。

相性のよさ

フランクフルトで開催された「レクサスLS600h」「600hL」のプレス試乗会。初日に乗ったトップ・オブ・レクサスの、ハイスピードクルージング時の印象はよくなかった。直進線、トレース性があまりに曖昧だったのだ。

ところが、そんな印象は2日目には大きく改善された。実は初日の試乗車のタイヤ空気圧管理にミスがあり、「210km/hまでは4輪とも2.5bar。210km/h以上は2.9bar」という指定にもかかわらず、1日目のテスト車は2.3barにセットされていたのだという。これでメーター読み260km/hオーバーにまでトライしていたのだから、所期の性能が発揮されるはずもない。
さまざまなハイテクによるドライビング・アシスト機能を持つこうしたモデルでも、「路面とコンタクトを取っているのはタイヤだけ」という事実がはからずも露呈された。

それはそれとして、ハイブリッド・システムが生み出す「滑らか」かつ「強力」なパワーフィールは、LSというモデルが目指すキャラクターと相性がいい。従来のトヨタ(レクサス)ハイブリッド・モデルと同様、スタート当初は“電気自動車モード”が主役。むろんそこでの静粛性は圧倒的で、「無音」と表現してもいい。
ある程度速度が高まり、あるいはより強い加速力が必要となったためアクセルペダルを踏み込んでも、エンジンのサポートが始まる瞬間はきわめてスムーズ。ほとんどショックを感じさせられない。「さすがはLSのハイブリッド」と感心させられる。


レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【海外試乗記(後編)】の画像
「LS600h」
「LS600h」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る