日産ティーダの「艶度診断」で、モテる男女になれる!?

2007.05.15 自動車ニュース

日産ティーダの「艶度診断」で、モテる男女に!

日産ティーダの「艶度診断」で、モテる男女になれる!?

日産自動車が、コンパクトカー「ティーダ」とファッション雑誌をコラボレート。2007年5月15日に都内でイベント「艶やかテクニック講座」を開催した。

「艶やかさのポイントは、巧妙な“ハズシ”なんです。ラグジュアリーなのにコンパクトというティーダも、そのひとつ」とは、西園寺薫編集長。
日産ティーダの「艶度診断」で、モテる男女になれる!?

■コンパクトカーで艶やかに

2004年のデビュー以来、「Compact meets Luxury」(コンパクト・ミーツ・ラグジュアリー)のコンセプトを掲げる「日産ティーダ」。
今年5月からは、30歳以上の男女に向けたファッション雑誌『レオン』『ニキータ』とコラボレートし、「TIIDA meets LEON&NIKITA」というキャンペーンを展開中だ。

同社によれば、ティーダは「コンパクトカーは上質感がない」という常識を覆したクルマで、レオンは「オヤジは女性にモテない」という常識を覆した雑誌。ともに、既存のイメージを打破し“艶やかな大人”を提案した点が共通なのだという。

「くみ足」「くね腰」「遠目線」の“アデージョ立ち姿勢”でキメる佐藤江梨子さん(左)と、パンツェッタ・ジローラモさん。
日産ティーダの「艶度診断」で、モテる男女になれる!?

■サトエリは「野獣美女」

イベント会場には“艶男(アデオス)”タレント、パンツェッタ・ジローラモさんと、“艶女(アデージョ)”の代表として、女優の佐藤江梨子さんが登場。

レオンとニキータの編集長、西園寺薫氏の指導のもと、それぞれの艶やかさを、「艶度(アデード)診断コンテンツ」でチェックした。
ジローラモさんは、通り名である「ちょい不良(ワル)オヤジ」という、そのままの診断結果に思わず苦笑い。
いっぽう、佐藤さんの評価は「野獣美女(アニマリータ)」。極上ファーやクロコダイル革など獣を好む美女のことだそうで、「暑い季節には麻とリザードをあわせるオシャレ上級者」「デートのお相手は無尽蔵」との評価に、「大満足です!」とご機嫌の様子だった。

この「艶度診断コンテンツ」、ティーダのオフィシャルサイト『艶やかコンパクト.com』内にあり、誰でも自己診断することができる。
さて、あなたの艶度は、いかに?

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る