新CM椎名&菅野で「トヨタ・アイシス」マイナーチェンジ

2007.05.15 自動車ニュース

新CM椎名&菅野で「トヨタ・アイシス」マイナーチェンジ

トヨタ自動車は、ミニバン「アイシス」をマイナーチェンジして、2007年5月14日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、フロントバンパー/グリルやリアのガーニッシュ・コンビネーションランプなどの意匠を変更。インテリアは、メーターやステアリングホイールの意匠に加え、シート&ドアトリムのシート表皮を新しくした。

プロジェクター式フロントランプや振り返らずに後席の様子が確認できる後席確認ミラーのほか、パドルシフトを一部グレードに採用するなどし、利便性を高めたという。
さらに、車両前後直下などの死角をカバーするワイドビューフロントモニターがオプションで設定される。

2リッターモデル「プラタナ」と「G」に、運転席側パワースライドドアやパワーバックドア&電気式ドアハンドルなどを装備した“Uセレクション”をラインナップした。
これにあわせ、ウェルキャブシリーズについても改良された。

ボディカラーに新色5色を設定し、価格は、2リッター(FF/4WD)が202万6500円から277万2000円、1.8リッター(FF)は181万6500円から214万2000円。

(webCG ワタナベ)

「プラタナ “Uセレクション“」
「プラタナ “Uセレクション“」
「プラタナ “Uセレクション“」の内装
「プラタナ “Uセレクション“」の内装
新CM発表会場では、キャラクターの椎名桔平さんと菅野美穂さんのトークセッションが行なわれた。アイシスについて感想を聞かれると、「スタイリッシュでカッコイイ。室内も広くて、4WDモデルがあるのもいい」と椎名さん。「パノラマオープンドアにビックリした。乗り降りがしやすそう」と管野さん。また、ギリシャ・ミコノス島で行なわれたCM撮影の秘話などを話した。 一緒にいるお犬さまは、スペシャルサイトの中で登場する、椎名さんの愛犬「ジェイク」。

新CM発表会場では、キャラクターの椎名桔平さんと菅野美穂さんのトークセッションが行なわれた。アイシスについて感想を聞かれると、「スタイリッシュでカッコイイ。室内も広くて、4WDモデルがあるのもいい」と椎名さん。「パノラマオープンドアにビックリした。乗り降りがしやすそう」と管野さん。また、ギリシャ・ミコノス島で行なわれたCM撮影の秘話などを話した。
一緒にいるお犬さまは、スペシャルサイトの中で登場する、椎名さんの愛犬「ジェイク」。
「アイシス」スペシャルwebサイトでは、動いてしゃぺるまんが!?で、CMとは違った二人のストーリーが展開されている。
アイシススペシャルサイト
http://toyota.jp/isis/index.html拡大
「アイシス」スペシャルwebサイトでは、動いてしゃぺるまんが!?で、CMとは違った二人のストーリーが展開されている。
アイシススペシャルサイト
http://toyota.jp/isis/index.html

関連キーワード:
アイシストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
ホームへ戻る