【スペック】LS600h:全長×全幅×全高=5030×1875×1480mm/ホイールベース=2970mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)

レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【海外試乗記(前編)】

さすがはLSのハイブリッド(前編) 2007.05.15 試乗記 レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)
レクサスのフラッグシップ「LS」のハイブリッドモデル「LS600h」が間もなく国内発表される。フランクフルトで行なわれた試乗会での第一印象は、意外に……。

レクサスの秘密兵器

アメリカで育まれてきた「レクサス」が、2005年夏に故郷の日本に“里帰り”をしてから間もなく丸2年。そのラインナップのトップとして投入された「LS」の、そのまた頂点にポジショニングされるのが、「レクサスLS600h」「LS600hL」である。後者は、“ノーマル”LSより全長、ホイールベースをそれぞれ120mmずつ延長し、「すべてを後席居住性向上のために費やした」というロング・ボディ版。
車名の“600”が示すのは、5リッターエンジンを積むこのモデルの加速力が“6リッター級ガソリン車に匹敵する”という自信の表れ。末尾に加えられた“h”は、いうまでもなく、そんなハイパフォーマンスを生み出す秘密兵器「ハイブリッド・システム」の搭載を意味する。

LS600h/hLが用いるハイブリッド・システムは、5リッターV8のエンジンや新開発のモーター、そして駆動用バッテリーケースの形状などを除けば、「初のFR車用システム」としてすでに「GS450h」に搭載済みのユニットに近い。
すなわち、リアシート背後に積まれたニッケル水素電池の288Vという電圧を、コンバーターで最大650Vまで昇圧。静粛性をより向上させるべく永久磁石の配列が最適化されたモーターがその電流を受けて、最大300Nmのトルクを発生する。
その回転力は、2段式のリダクション機構を経てアウトプット・シャフトへと出力され、「動力分割機構」が必要に応じて分配するエンジンからの直接トルクと混合されて、駆動力として用いられる、という仕組みだ。

【スペック】
LS600hL(4人乗り):全長×全幅×全高=5150×1875×1480mm/ホイールベース=3090mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)
【スペック】LS600hL(4人乗り):全長×全幅×全高=5150×1875×1480mm/ホイールベース=3090mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)

レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【海外試乗記(前編)】の画像
関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る