【スペック】LS600h:全長×全幅×全高=5030×1875×1480mm/ホイールベース=2970mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)

レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【海外試乗記(前編)】

さすがはLSのハイブリッド(前編) 2007.05.15 試乗記 レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)
レクサスのフラッグシップ「LS」のハイブリッドモデル「LS600h」が間もなく国内発表される。フランクフルトで行なわれた試乗会での第一印象は、意外に……。

レクサスの秘密兵器

アメリカで育まれてきた「レクサス」が、2005年夏に故郷の日本に“里帰り”をしてから間もなく丸2年。そのラインナップのトップとして投入された「LS」の、そのまた頂点にポジショニングされるのが、「レクサスLS600h」「LS600hL」である。後者は、“ノーマル”LSより全長、ホイールベースをそれぞれ120mmずつ延長し、「すべてを後席居住性向上のために費やした」というロング・ボディ版。
車名の“600”が示すのは、5リッターエンジンを積むこのモデルの加速力が“6リッター級ガソリン車に匹敵する”という自信の表れ。末尾に加えられた“h”は、いうまでもなく、そんなハイパフォーマンスを生み出す秘密兵器「ハイブリッド・システム」の搭載を意味する。

LS600h/hLが用いるハイブリッド・システムは、5リッターV8のエンジンや新開発のモーター、そして駆動用バッテリーケースの形状などを除けば、「初のFR車用システム」としてすでに「GS450h」に搭載済みのユニットに近い。
すなわち、リアシート背後に積まれたニッケル水素電池の288Vという電圧を、コンバーターで最大650Vまで昇圧。静粛性をより向上させるべく永久磁石の配列が最適化されたモーターがその電流を受けて、最大300Nmのトルクを発生する。
その回転力は、2段式のリダクション機構を経てアウトプット・シャフトへと出力され、「動力分割機構」が必要に応じて分配するエンジンからの直接トルクと混合されて、駆動力として用いられる、という仕組みだ。

【スペック】
LS600hL(4人乗り):全長×全幅×全高=5150×1875×1480mm/ホイールベース=3090mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)
【スペック】LS600hL(4人乗り):全長×全幅×全高=5150×1875×1480mm/ホイールベース=3090mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)

レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【海外試乗記(前編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る