「ジャガーSタイプ」の最終限定車、150台を発売

2007.05.14 自動車ニュース

「ジャガーSタイプ」の最終限定車、150台を発売

ジャガー&ランドローバージャパンは、ミディアムサルーン「Sタイプ」に特別な装備を施した限定車を2007年5月11日に発売した。

1999年6月に日本上陸を果たした「Sタイプ」は、当初プラットフォームを「リンカーンLS」と共用していたが、2002年にはコンポーネントの80%を変更されるなど大幅な改良が行われた。その後もフェイスリフトやエンジンラインナップ追加などが施され、このたび現行モデルの最終限定車として「Sタイプ3.0エグゼクティブXSリミテッド」が設定された。

最も人気のあるという3リッターエンジンを搭載。エクステリアはハイパフォーマンスグレードの“R”仕様を各所に取り入れた。
インテリアには上級グレード「ソブリン」同等の、バーウォールナットウッドとリムや、ソフトグレインレザーを採用。電動パワーシート、キセノンヘッドライト、ラムウールフロアマットなど、上級オプションも標準で備わる。

ボディカラーはミッドナイト、ポーセリン、リキッドシルバー、エメラルドファイアー、フロストブルーの5色で、インテリアはシャンパン/モカの組み合わせのみ。右ハンドル仕様で150台が用意され、価格は630.0万円。

(webCG 本諏訪)


「ジャガーSタイプ」の最終限定車、150台を発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る