「ジャガーSタイプ」の最終限定車、150台を発売

2007.05.14 自動車ニュース

「ジャガーSタイプ」の最終限定車、150台を発売

ジャガー&ランドローバージャパンは、ミディアムサルーン「Sタイプ」に特別な装備を施した限定車を2007年5月11日に発売した。

1999年6月に日本上陸を果たした「Sタイプ」は、当初プラットフォームを「リンカーンLS」と共用していたが、2002年にはコンポーネントの80%を変更されるなど大幅な改良が行われた。その後もフェイスリフトやエンジンラインナップ追加などが施され、このたび現行モデルの最終限定車として「Sタイプ3.0エグゼクティブXSリミテッド」が設定された。

最も人気のあるという3リッターエンジンを搭載。エクステリアはハイパフォーマンスグレードの“R”仕様を各所に取り入れた。
インテリアには上級グレード「ソブリン」同等の、バーウォールナットウッドとリムや、ソフトグレインレザーを採用。電動パワーシート、キセノンヘッドライト、ラムウールフロアマットなど、上級オプションも標準で備わる。

ボディカラーはミッドナイト、ポーセリン、リキッドシルバー、エメラルドファイアー、フロストブルーの5色で、インテリアはシャンパン/モカの組み合わせのみ。右ハンドル仕様で150台が用意され、価格は630.0万円。

(webCG 本諏訪)


「ジャガーSタイプ」の最終限定車、150台を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sタイプの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る