1リッターのダイハツ・ミラ、「ビバ」がマレーシアで誕生

2007.05.14 自動車ニュース

1リッターのダイハツ・ミラ、「ビバ」がマレーシアで誕生

1リッターのダイハツ・ミラ、「ビバ」がマレーシアで誕生

ダイハツ工業は2007年5月11日、マレーシアの新型国民車「ViVA」(ビバ)を現地で発売したと発表した。


1リッターのダイハツ・ミラ、「ビバ」がマレーシアで誕生

「ビバ」は、日本の軽乗用車「ミラ」の先代モデルをベースに、マレーシアの合弁会社「プロドゥア」が中心になって開発したモデル。国産化率は全体の90%だという。
名前の由来は、「生活や人生に対する拍手喝采、賞賛」から。
エンジンは、660cc、850cc、1リッターの3本立てで、すべて12バルブの3気筒、DOHCとなる。

目標販売台数は月間6500台。価格は2万8000から4万5000マレーシアリンギ(邦貨にして約90〜138万円)となっている。

なお、プロドゥアはマレーシア第2の国民車メーカー。合弁の持株会社、製造会社、販売会社の共通略称である「Perodua」は、持株会社「Perusahaan Otomobil Kedua Sdn.Bhd.」から造った略称である。
ダイハツはこのうち、製造関連の3社を子会社化している。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る