「ワゴンR」シリーズ、CVTで燃費アップ

2007.05.14 自動車ニュース

「ワゴンR」シリーズ、CVTで燃費アップ

スズキは、軽自動車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」にCVT搭載モデルを追加設定。一部モデルの内外装に手直しを加え、2007年5月11日に発売した。

ワゴンRは、既存の5MTと4ATに加え、新たにCVTを搭載した「FC」をラインナップ。4ATのみだったワゴンRスティングレーのNAモデル「X」にもCVT搭載車を追加した。
これらは4ATに比べ燃費が約1割向上し、23km/リッター(10.15モード)の走行が可能だという。

また、各モデルの内外装を手直しした。
NAの「FX-Sリミテッド」、ターボモデル「RR-DI」、さらに直噴ターボモデル「RR-Sリミテッド」のシート表皮とドアトリムのデザインを変更。機能面では、ドアロックとエンジン始動ができるキーレススタートシステムを付与した。
「FX-Sリミテッド」については、フロントグリルやアルミホイールのデザインも変更。「RR-DI」とともに、ドアミラーはターンランプ付きとした。

価格は、81万9000円から161万3850円まで。「ワゴンR」全体で、月間2万台の販売を予定している。

(webCG 関)

 
「ワゴンR」シリーズ、CVTで燃費アップの画像

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】 2017.2.24 試乗記
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース