【スペック】LX:全長×全幅×全高=3395×1475×1645mm/ホイールベース=2360mm/車重=870kg/駆動方式=FF/0.6リッター直4DOHC16バルブ(54ps/6400rpm、6.4kgm/4400rpm)

スバル・ステラ/ステラカスタム【試乗記】

スバル・ステラ/ステラカスタム 2007.05.13 試乗記 ……98万7000〜110万7750円/119万7000〜139万6500円

いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

突貫工事

【復習:こんなクルマ】

「ホンダ・ゼスト」と同じく、スバルがつくった「ワゴンR」。既存のスバル「R2」「R1」をベースに突貫工事で作ったハイトールタイプの軽で、インテリアはRシリーズとまったく同じ。ちなみに「ステラ」は輝く「星」を意味しており、ある意味、スバルの王道的ネーミングだったりする。軽につけるにはもったいない?

【ステラの○と×】

○:
これまた一部スバルの軽自動車ユーザーが喜んだこと。ホンダのゼストもそうだが、スバルファンというのは非常に義理堅く、思い入れが強い。だから今の軽自動車の王道、ハイトールの軽が欲しくなった時、できるならばスバルブランドのヤツが欲しいと思っていた。しかし、「ヴィヴィオ」といい「プレオ」といい、スバルは頑なにつくってこなかった。ところが今回は遂に世情に負けてつくる羽目に。まあ、ユーザー側はきっと喜んでるんでしょう。

×:
ゼストほどデキがよくないこと。ハッキリ言ってメーカーの体力差が出ちゃっております。ゼストが同社のライフがベースとは言え、大幅な補強をし、ハイトールのタイプでは1、2位を争うクオリティになっているのに対し、ステラはそこそこ。もちろん、Rシリーズ譲りの骨太な走り味は受け継がれているが、あまり目新しい感じはしません。

【コージから一言】

つくづくR2が売れなかった日本にがっかり。個人的にもスタイルが気に入って買ったのだが、思ったより売れずに、富士重は仕方なくこのステラを製作。私としては、勝手にスバルRシリーズをして「軽自動車のアルファ・ロメオ」と見なしていたのだが……。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2011.7.12 試乗記 ……136万円
    総合評価……★★★

    ダイハツからのOEM車として生まれ変わった「スバル・ステラ」シリーズ。その中身にスバルらしさは感じられるのか? スポーティグレードに試乗し、確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 「スバル・ステラカスタム」に135万円の新グレード登場 2016.6.21 自動車ニュース スバルが軽乗用車「ステラ」を一部改良。「カスタム」に装備を簡素化し、価格を抑えた新グレード「F」を設定したほか、メーカーオプションである「プレミアムセレクション」「ブラックインテリアセレクション」の配色や装飾パネルの意匠を変更した。
ホームへ戻る