【スペック】T:全長×全幅×全高=3395×1475×1535mm/ホイールベース=2360mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.6リッター直3DOHC12バルブターボ(60ps/6000rpm、8.5kgm/3000rpm)

スズキ・セルボ【試乗記】

スズキ・セルボ 2007.05.12 試乗記 ……103万7400〜137万5500円

いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

スズキは伸びる!

【復習:こんなクルマ】

スズキが出した、「ダイハツ・ソニカ」のライバル。4ドアだがスタイリッシュで、これまたある意味快楽性を追い求めた軽自動車。しかし、その手法はダイハツとはまったく異なっており、スズキらしく好感が持てるもの。

【セルボの○と×】

○:
軽自動車のオキテを守っているところ。ハッキリ言って最大の売りは内外装のデザインだ。つまり、軽自動車を越えた走りや質感では勝負してない。そのぶん、特にスタイリングは素晴らしく、当然ながら全幅1475mmと軽自動車枠を超えてないのだが、とてもそうとは思えないグラマラスさを持っている。
インテリアも同様で、質感は必要以上には高くないが、デザインで立派に見せている。さらに重要なポイントは値段で、その幅103万7400〜137万5500円と絶対的に安い。つまりなんだかんだ軽自動車の枠を超えてないのだ。さすがスズキ!

×:
乗って、触ってみると「やっぱり軽自動車だなぁ」と感じる部分はある。もちろんそのぶん、安いのだが、余裕がある人のなかには「せっかくカッコいいんだから、質感がもうちょっと高ければ」と思う人もいるはずだ。デザインがいいだけに残念な部分もある。

【コージから一言】

とにかく最近スズキのデザイン力が上がったことだけはたしか。これはなかなかどうして凄い。スズキは今後もっと伸びる!

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セルボの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る