新人ヤマダの眼 第11回:ランチア&マセラティのイベントに参加

2007.05.11 エッセイ

新人ヤマダの眼 第11回ランチア&マセラティのイベントに参加

どれも貴重なクルマばかり

『NAVI』エンスー新聞でおなじみライターの田沼 哲さんと一緒に富士山のふもとへ、ランチア&マセラティのイベント取材へと行って参りました。静岡県裾野市で行われた「コンコルソ ランチア マセラティ2007」には、1960年代のモデルから最新モデルまで50台以上が集まるものでした。イベント会場に来ている車両は、それはまぁとても貴重なモデルばかりで、初めて目にするモデルもたくさん!!

新人ヤマダ、同行させていただいた田沼さんやオーナーの方にいろいろ教えていただきながら、ただ感心するばかり。ここでは、会場にあったなかでも特に珍しいモデルを紹介させていただきます。

【写真上から1】
「ランチア・フルビア」。このクルマのオーナーの方にお話をうかがったところ、シチリア島で35年間、ワンオーナーのもとで眠っていたとか。しかも、シートには新車当時のビニールが張ってあったそうです。そんな奇跡みたいなものがあるんですね。それにしてもグッドコンディション。レストアはしておらず、オールペンしただけだそうです。

【写真上から2】
このクルマは1968年式の「マセラティ・ギブリ」。注目すべきはシングルナンバー。今では新車登録すると3桁ですが、当時は1桁だったんですね。しかも、この車両、72年の『CG』1月号に載った車両そのものだそうです。その貴重さに感動! オーナーの方もギブリが欲しかったというよりも、この車両そのものが欲しかったとのこと。お住まいは関東のようなのですが、シングルナンバーを守る為に兵庫にいったん住民票を移したそうです。すごい!

【写真上から3】
これが、72年の『CG』1月号に掲載された時の写真です。弊社の資料室から探し出してきました。まさに時代の証言車です。

【写真上から4】
こちらのおクルマのオーナーの方はタイミング悪くご不在でお話は聞くことができませんでした。なんとも珍しい「ランチア・カッパクーペ」。お恥ずかしながら、このクルマ初めて知りました。以前の「ランチア・デドラ」に通じるデザインがなんとも通好みのデザインです。淡いカラーが爽やか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。