「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

2007.05.11 自動車ニュース
「MINI ONE」
「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

BMWジャパンは、プレミアムコンパクト「MINI」のラインナップに、ベーシックモデル「MINI ONE(ワン)」を追加。2007年5月11日に発売した。


「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

「MINI ONE」は、2007年2月24日に先行発売された2代目の「MINIクーパー」(1.6リッター/120ps)、ターボを装備した「MINIクーパーS」(1.6リッターターボ/175ps)に続く、ベーシックなMINIだ。

「ONE」に搭載されるのは、専用の新型1.4リッター直4エンジン。BMWの可変バルブ制御機構「バルブトロニック」を搭載、95psと14.3kgmを発生する。1.6リッターだった先代より排気量でダウンサイジングしながら、出力は5ps増加し、燃費は最大23%向上したという。

トランスミッションは、旧型の5MT/CVTから6MT/6ATに変更。ATモデルには、パドルシフトが標準で装備される。

安全装備では、6つのエアバッグやブレーキアシスト、トラクションコントロール付きのスタビリティコントロール(ASC+T)を標準装備。さらに、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)がオプション設定される。

価格は、6MTが218.0万円、6ATが231.0万円。上級モデルとの価格差は、それぞれ33万円(クーパー)に77万円(クーパーS)となっている。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
ホームへ戻る