「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

2007.05.11 自動車ニュース
「MINI ONE」
「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

BMWジャパンは、プレミアムコンパクト「MINI」のラインナップに、ベーシックモデル「MINI ONE(ワン)」を追加。2007年5月11日に発売した。


「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

「MINI ONE」は、2007年2月24日に先行発売された2代目の「MINIクーパー」(1.6リッター/120ps)、ターボを装備した「MINIクーパーS」(1.6リッターターボ/175ps)に続く、ベーシックなMINIだ。

「ONE」に搭載されるのは、専用の新型1.4リッター直4エンジン。BMWの可変バルブ制御機構「バルブトロニック」を搭載、95psと14.3kgmを発生する。1.6リッターだった先代より排気量でダウンサイジングしながら、出力は5ps増加し、燃費は最大23%向上したという。

トランスミッションは、旧型の5MT/CVTから6MT/6ATに変更。ATモデルには、パドルシフトが標準で装備される。

安全装備では、6つのエアバッグやブレーキアシスト、トラクションコントロール付きのスタビリティコントロール(ASC+T)を標準装備。さらに、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)がオプション設定される。

価格は、6MTが218.0万円、6ATが231.0万円。上級モデルとの価格差は、それぞれ33万円(クーパー)に77万円(クーパーS)となっている。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【海外試乗記】 2016.3.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.23 試乗記 ……395万1000円
    総合評価……★★★★★

    ハッチバックから2年遅れでやってきた「MINIコンバーチブル」。ターボエンジン搭載のスポーティグレード「クーパーS」で、オープンエアドライブを試す。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)【試乗記】 2012.6.6 試乗記 MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)
    ……432万2270円

    MINIブランド6番目のボディーバリエーションとして、2012年春に納車が開始された「MINIロードスター」。シリーズ初となる2シーターオープンの乗り味を、184psを発生する「クーパーS」で試した。
ホームへ戻る