「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

2007.05.11 自動車ニュース
「MINI ONE」
「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

BMWジャパンは、プレミアムコンパクト「MINI」のラインナップに、ベーシックモデル「MINI ONE(ワン)」を追加。2007年5月11日に発売した。


「MINI」にベーシックモデルの「ONE」登場

「MINI ONE」は、2007年2月24日に先行発売された2代目の「MINIクーパー」(1.6リッター/120ps)、ターボを装備した「MINIクーパーS」(1.6リッターターボ/175ps)に続く、ベーシックなMINIだ。

「ONE」に搭載されるのは、専用の新型1.4リッター直4エンジン。BMWの可変バルブ制御機構「バルブトロニック」を搭載、95psと14.3kgmを発生する。1.6リッターだった先代より排気量でダウンサイジングしながら、出力は5ps増加し、燃費は最大23%向上したという。

トランスミッションは、旧型の5MT/CVTから6MT/6ATに変更。ATモデルには、パドルシフトが標準で装備される。

安全装備では、6つのエアバッグやブレーキアシスト、トラクションコントロール付きのスタビリティコントロール(ASC+T)を標準装備。さらに、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)がオプション設定される。

価格は、6MTが218.0万円、6ATが231.0万円。上級モデルとの価格差は、それぞれ33万円(クーパー)に77万円(クーパーS)となっている。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
MINIコンバーチブルMINI 3ドアMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る