第92回:“奇跡の山”、高尾山に迫る危機
その4:小さな山に異なる植物分布(矢貫隆)

2007.05.11 エッセイ

第92回:“奇跡の山”、高尾山に迫る危機その4:小さな山に異なる植物分布

なぜブナが芽吹いたか

何年か前、1号路を歩いたことがある。
途中まで舗装された登り勾配の道を20分も歩くと稜線にでて、樹林の間から、ときおり右下に細長く家々が連なる裏高尾の町と、その向こう側を通る中央道を眺めることができる。それが1号路。登るのが楽な道だ。

この道をのんびり歩いてケーブルカーの終点「高尾山駅」の近くまでやってくると、建ち並ぶブナの大木に気づくはずだ。その辺りの標高はおよそ400メートルである。

「そんな所にブナって、珍しい。本来なら標高800メートルから1600メートルくらいの場所に生育するはずでしょう。しかも日本海側の多雪地帯に」

僕も不思議に思って、僕の山の先生である小泉武栄教授(東京学芸大学、自然地理学)に聞いたことがある。

「200〜300年ほど前の小氷期と呼ばれる気候が寒冷な時期に太平洋側の山地でも冬の積雪が増加し、一時的に日本海側のような気候になった。そのためにブナが発芽できたのではないか」
というのが有力な説らしい。

温暖帯と冷温帯

登り勾配が一段落した道を進むと売店などがあって、その道沿いに樹齢400年とも500年とも言われる杉の巨木が現れる。高尾山の象徴のひとつと言っていい蛸杉である。
この巨木ぶりにはびっくりだ。

そこから先は1号路を離れ、山を巻くようにして通る4号路を歩いた。
周囲の雰囲気が一変する。

ブナと同様、本来ならもっと標高の高い場所に生育するイヌブナやカエデ類の、それこそ様々な種類の落葉広葉樹林がそこには広がっているのだ。ケーブルカー駅の近くを周回する2号路はカシ類の常緑広葉樹林で占められているという。

これらの植物分布の様子を眺めながら歩いてみると、高尾山には、稜線を挟んで温暖帯に生育する常緑の広葉樹林と、冷温帯に生育する落葉広葉樹林がひとつの小さな山に分布しているという珍しい事実がわかってくるのである。

「深いですねぇ、高尾山。これは確かに『奇跡の山』ですよ」

(つづく)

(文=矢貫隆)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。