nvh volume 3:ドロナワのツケ

2007.05.10 エッセイ

nvh volume 3ドロナワのツケ

『NAVI』6月号:特集「ドーピングがクルマを救う」

【ご購入はこちら】
◆「二玄社書店」:『NAVI』6月号
◆「Amazon.co.jp」:『NAVI』6月号
nvh volume 2:ドロナワのツケ

駐車場不足なのに

当編集部がある神田神保町界隈は、駐車場難に悩まされる一角だ。幸い我々がテナントとして入居するビルは、34台が収容可能な立体式パーキングが備わっていて、そのうち30台分を我が社が借り受けている。逆に言えばそれだけの駐車スペースが確保できたからこそ、今から約20年前、この場所、このビルに入居したともいえる。
『NAVI』/『CG』双方の長期リポート車に加え、他部署の社有車、テスト/インプレッションのため借りた広報車などが加わると、それでもまだ足りないぐらいなのである。

そんなときは当然、近くのコインパーキングや通称“ネギボウズ”パーキングメーターを利用せざるを得ない。ところがその大部分が、朝の10時を過ぎる頃には埋まってしまう。

公立の小中学校が統廃合されるほどのオフィス街だから、休日は空いているだろうと高を括っていると大間違い。さすがに交通量は少ないが、ウィークエンドはウィークエンドでなぜか有料駐車場が満車になっていることがほとんどなのだ。

これは今から10年前後前、姉妹誌CGの編集長時代にも書いたことだが、ある休日の昼間、どうにも納得できない光景を目にしたことがある。パーキングメーターの枠内に止めたクルマに対し、警察官が駐車違反を取り締まっていたのだ。

日曜祭日や夜8時以降、パーキングメーターが利用できないことは知っていた。だから当然、法規上は違反になることも。しかし、そもそもなぜ平日の昼間はOKで、それ以外はダメなのか? それがまったく理解できない。

神保町界隈は前述したように、平日の日中に比べ、休日や夜間は交通量が激減する。つまりむしろ休日の方が、パーキングメーターの枠内駐車は安全上も好ましいはずだ。
実際、オープンカフェで軽い食事を採りながら小一時間に渡って観察を続けたが、およそデメリットと呼べるような事実はなにひとつとして見つけられなかった。
食事を終え、およそ500m四方の有料駐車場をくまなく歩いてみると、案の定ほとんどが満車状態。たしか空きスペースは1〜2台しか残されていなかったことをつけ加えておこう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。